【防衛大出身】濱潟好古の学生時代と経歴

濱潟好古が防衛大学校に着校

私が防衛大学校2学年の時の記憶、あまりにも印象的だったので今でも鮮明に覚えています。

私は晴れて2学年になり、1つ下の後輩達が2002年4月1日に続々と着校しました。私の対番は濱潟好古ではなかったが、濱潟好古は同じ小隊の1学年(もしかすると同じ部屋??)であったこともあり、対番と一緒に受け入れました。

濱潟好古の第一印象は、真っ先に辞めるだろうなと感じました。髪も長く、少し暗い感じであり、ふてぶてしさもありました。

しかし、最初に驚いたのが、着校して髪が長い者はそのまま、敷地内にある床屋に連れていき髪を切るのだが、同じく濱潟も髪を切りました。短くするようにとは伝えたが濱潟好古は坊主にしたのです。

私は印象とはギャップがあったので、思わず「なぜ髪をそんなに切ったのか」と尋ねたら、なんとなくという感じでした。

次に驚いたのが、防衛大の1学年も入校式を終えると、校友会という部活に入ります。そこでなんと、短艇委員会に入ったのでした。

当時は(今も??)、応援団リーダー部と短艇委員会は非常に厳しい校友会であり、そこに所属する者は非常に変わり者でした。

すぐに辞めるだろうという印象であっただけに、短艇委員会に入るなんて何を考えているんだと感じました。全く、何を考えているのかわからなかった。ある意味それが、今に至っている理由なのかもしれません。

そして、短艇委員会に入ったということもあり、上級生の指導にも淡々と対応しているというか、悪く言えば、あまり響かない感じであったと思う。

そして、陸・海・空の職種では、当然、海を選び、晴れて海上要員になりました。厳しいものばかりを選び、そこでも驚かされました。

2学年以上になっていても特に、学生舎生活については、適当にやり、短艇委員会に力を全力に注ぎ込んでいたと記憶します。

株式会社バリューアークコンサルティングの取締役

私が7年数ヶ月航空自衛隊にいて、30歳の誕生日に辞めました。そして、防衛大出身の社長をネット検索をしていた時に、東海林希亜さんという方を見つけました。

私は会社からの問い合わせからぜひ、会いたいといい、会いにいきました。そして、その時に、直接会ってはいないが、株式会社バリューアークコンサルティングで取締役としていて、濱潟好古が営業の責任者をしているという話を聞きました。

防衛大時代の思い出が蘇るとともに、非常にびっくりであります。そして、いつの間にか独立して、今では株式会社ネクストミッションという会社を設立し、コンサルタントとして活躍しているのであります。

何となくですが、濱潟好古は大物の社長になるように感じます。

経歴

下記は、株式会社ネクストミッションのホームページからの抜粋です。

1982年生まれ。防衛大学校卒業後、海上自衛隊幹部候補生学校を経てIT系ベンチャー企業に営業職として入社。

入社2年目から5年目まで売上№1営業マン。6年目に営業部長に就任後は「今いる部下を一流に」をモットーに中堅、新人にかかわらず全ての営業担当に目標予算を達成させる。

2016年1月に独立し、株式会社ネクストミッションを設立。 企業を対象に組織マネジメント、仕事術、リーダー研修や講演活動を行うほか、雑誌、ネットメディアで活躍。

著書


防衛大式 最強のメンタル


最前線で日本を守る人材を育成する防衛大学校。そこは入学1か月で多数の脱落者が出るという、日本一過酷な大学。逆境に立たされたとき、心が折れそうになったとき…。防衛大生はどうやって乗り越えていくのか?
・一人では乗り越えようとはしない ・「何を得られるか」から「何のために」と順番を変える ・心が曲がり始めたときは「頑張らない」ものを選択する ・リスタートをできるパワースポットを決める ・全ての失敗は自分が変わるチャンス


何があっても必ず結果を出す! 防衛大式最強の仕事

日本を防衛する最強集団だからこそ大切にしている仕事の戦略38を一挙公開
・置かれた場所で生き抜く覚悟を持つ ・魚は釣り続けてこそ意味がある ・自分の身の回りにあるものはすべて戦力 ・自己否定は最強の戦力ダウン ・自己保身は百害あって一利なし


防衛大で学んだ無敵のチームマネジメント

■個人の力やチームの力を大きく伸ばし、最終的に目標達成する部下を育成する、この「防大式の組織育成マネジメント」を初めて紹介する本!


防衛大流 最強のリーダー

国家防衛を担う、究極の人材育成法! 日本最強の教育機関「防衛大学校」が教える、必ず結果を出すためのリーダーの哲学・所作を「6つの力」に体系化し初公開!

以上が、濱潟好古の学生時代と経歴等の紹介です。

関連記事

  1. 【経歴の分析】投資家 白井良平氏@防衛大出身

  2. 【防衛大出身の会社役員】日産自動車 執行役副COO 関潤氏

  3. 【まとめサイト】防衛大出身(元自衛官)の社長や起業家を紹介

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。