【注目ベンチャー】マグロ専門商社のFTI JAPAN株式会社(鳴海 健太朗)

インドネシアから生鮮マクロを輸入し、「マグロネシアブランドで卸売。水産資源開発なども。独自の包装技術でマグロの賞味期限の大幅延長を実現。株主組織コミュニティ組織。
(引用:会社四季報 未上場会社版2022年版


【代表取締役:鳴海 健太朗の経歴】
新潟市の出身。東京薬科大学製薬学科卒。先行きが明るく誰も手がけていない事業を見つけようと、世界各地を巡ったという。そんななかで、マグロ乱獲のニュースに触れ、これを機にマグロをめぐる動向を調べていくと日本はマグロ消費大国であることがわかった。ベトナム、フィリピン、スリランカ、インドネシアなど各国のマグロ漁獲情報も集め、世界最大のマグロ消費国の日本と世界最大のマグロ漁獲量を誇るインドネシアをつなげるアイデアに行き着いたという。帰国後の2011年、当時住んでいた横浜市のアパートに近くで、偶然、FTI JAPAN(2010年設立、FTIはフード・トレーィング・インダストリーの略)の創業者(現在は引退)と出会い、同社に入社。インドネシアからのマグロ輸入事業に取り組み始めた。
(引用:NIKEI


【FTI JAPAN株式会社のまとめ】
「未来世紀ジパング」ウナギとマグロ 新たな調達ルートを確保せよ!
近年、ウナギの稚魚“シラスウナギ”の不漁が続き高騰するウナギ。ところが、インドネシアではウナギの養殖が沸騰している。シラスウナギがまだまだ獲れるというのだ。その種類はビカーラ種というもので、ニホンウナギに味が近いという。そんなビカーラ種を独自の方法で養殖し、日本の食卓に届ける日本人がいた<続きはこちら)。


FTIが手掛けるマグロビジネス

事業紹介PRビデオです。 インドネシアでの活動をより多くの方に知っていただければ幸いです。


「PRTIMES」新時代の食文化、デジタル国際交流
知識やノウハウの動画共有サービスを展開する株式会社 soeasy (本社:東京都新宿区、代表取締役:飯尾慶介、以下 soeasy)は、インドネシアを中心に水産貿易事業を手掛けるFTI JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鳴海 健太朗、以下 FTI JAPAN)と協働し、「美味しいNIPPON、マグロネシアプロジェクト」を開始、、、[詳細はこちら


【採用ページ】
なし


【まとめ】旭化成ホームズ株式会社〜住宅メーカー大手の成長企業〜(代表取締役社長:川畑 文俊)前のページ

【注目企業まとめ】株式会社ISTソフトウェア(代表取締役社長:染谷 光四郎)次のページ

関連記事

  1. 7.ジョインしたくなるベンチャー企業

    【注目企業まとめ】 株式会社ウィルゲート[代表取締役: 小島 梨揮]

    「デジタル変革」と「働き方変革」を実現するためには、
お客さまに代わ…

イベント情報

  1. 2022年8月20日(土)ジョブまるキッズ ~…
  2. 2022年8月7日(日)NHK『連続テレビ小説…
  3. 2022年8月7日(日)夏休み木工教室@新鶴見…
  4. 2022年7月30日 第10回親子で楽しむ科学…
  5. 2022年7月29日鶴見区こどもサマーキャンプ…
  6. 2022年7⽉16⽇(土)横浜港を臨むカラフル…
  7. 2022年6月4日(土)「幸50祭」@幸区役所…

お仕事情報

  1. 【お仕事情報】川崎市職員募集2022年
  2. 【お仕事情報】横浜市地下鉄運輸職員募集案内
  3. 【お仕事情報】はたらこねっとの川崎市幸区の求人
  4. 【お仕事情報】バイトル 関東からの川崎市幸区の求人情報

生活情報

  1. 【横浜市】介護職員初任者研修 受講生募集(2022年)
  2. 【鶴見区】相続、離婚、債務整理、交通事故など法律無料相談
  3. 【生活情報】横浜市が介護の資格取得を支援

川崎駅半径5kmの魅力を配信

  1. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】パーソナルSWOT〜最適なキャリアデザイン〜(島田利広)
  2. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】セールスコピー大全〜コトバの作り方(著者:大橋一慶)
  3. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】説明組み立て図鑑〜あたはめるだけですぐ伝わる〜(著者:大塚壮志)
  4. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】チラシの教科書〜わかる!できる!売れる!(著者:中山マコト)
  5. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】アンチサラリーマン戦略〜就職・転職・独立前〜(著者:黒岩卓真)
PAGE TOP