「今日から使える」知識の生かし方【詳細を見る】

いくら物知りになったとしても、その知識を頭の中にバラバラに放り込んでいたら、いざと言う時にその知識をどこにしまったか思い出すことが出来ない。色々と勉強したはずなのに取り出して使うことが出来ない、と言う羽目になる。

新しい分野でにエキスパートになるためには、勉強するとき、頭の中を階層的に整理整頓しながら覚えることが大切である。

頭の中への「インプット」量が豊富でも、他者にまったく「アウトプット」するすべを持っていないのならば、それはある意味死んだも同然の「使えない知識」となってしまいます。

心理学で有名な植木理恵さんの話では、心理学をなかば無理にでも「生かす」ことが、毎日の仕事となっているそうである。

病院の臨床や大学で講義をするときはもちろんだが、実は一番頭を鍛えられるのは、一般向けの雑誌インタビューとのこと。これは心理学を生かすのには、厳しくも良い訓練になっているとのこと。

●女の男気はなぜカッコいい?
●「恋愛低体温」・・・その治し方は?
●人が本当に喜ぶ褒め方は?
●キャラクターを変えたい!その方法は?
●相手の心に響く!上手な告白のしかたは?


全てが極めて日常的な話題である。植木理恵さんはこれらポップな質問に対して、いつでも「心理学的根拠」や実験例を10も20も挙げながら、真剣にインタビューと記事を作るそうです。

もし何か一種類の心理学に精通しているだけだったら、そういう芸当はできないだろう。できるだけ多くの知識を階層的に整理してこそ、初めて、心理学を日常シーンに「生かせる」のだろうと実感しているとのことです。
(引用:「本当にわかる心理学」著者」植木理恵)






関連記事

  1. 【転職したい自衛官の思考】数字は銭勘定のことではない

  2. 【転職したい自衛官の思考】4次元の発想をもってくれば勝つ

  3. 【転職したい自衛官の思考】「ノウハウ」とは「時間の使い方」だ

  4. ビジネスをうまく立ち上げる人の「考え方」
    【詳細を見る】

  5. 学びを稼ぎに変える方法!「仕事観」の変革。【詳細を見る】

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント