公務員の未来

  1. 【朗報?】禁止されている副業が公務員でも解禁になる時代が来る?!(詳細を見る)

    厚生労働省は、「働き方改革」の実現に向けての施策の一つとして、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を定めました。その中には、以下のように記載。人…

  2. 現役公務員の副業。「KAKEHASHI」の 松田こずえさん

    終身雇用の仕組みが崩れつつあり、多くの企業で禁止されていた副業や兼業の解禁ムードが徐々に広がり始めていたここ数年。コロナがこの流れを一気に加速させている。…

  3. 公務員を退職しても食べていける専門性

    今の時代、公務員をやめてもやっていける人材になる覚悟を求められる時代なのです。下記は、「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」からの抜粋を紹介します。…

  4. 公務員は人気のない職業になってしまうのか?!

    今の時代、公務員をやめてもやっていける人材になる覚悟を求められる時代なのです。下記は、「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」からの抜粋を紹介します。…

  5. 【公務員】「行政にしかできない業務」とは何か

    今の時代、公務員をやめてもやっていける人材になる覚悟を求められる時代なのです。下記は、「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」からの抜粋を紹介します。…

  6. 【公務員】終身雇用や年功序列はまもなく崩壊

    今の時代、公務員をやめてもやっていける人材になる覚悟を求められる時代なのです。下記は、「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」からの抜粋を紹介します。…

  7. 【対策が必須】少子化高齢化・人口現象の中、公務員数は一気に減少

    下記は、「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」からの抜粋です。2016年、わが国の年間出生数が97万人となり、初めて100万人を割り込んだことが…

  8. 【転職したい公務員へ】AIにより公務員の仕事が消滅する?!

    人口知能・ロボットの進化により、公務員の仕事が消滅するのか?!「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」から一部を紹介します。日本の労働事項の「49…

市場価値を高めるヒント

  1. 11.気になる記事

    転職ではキャリアやスキル以上に大切なものがある
  2. 11.気になる記事

    起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?
  3. 「あなた」という商品を高く売る方法

    自分の肩書きを増やす「フラッシュキャリア」とは?(詳細を見る)
  4. 11.気になる記事

    現役公務員の副業。「KAKEHASHI」の 松田こずえさん
  5. 11.気になる記事

    2回起業した経歴の持ち主、ツイッタージャパンの代表取締役・笹本裕氏が「起業に向い…
PAGE TOP