遊び方を知らない奴にいい仕事はできない

人生の楽しみは遊びだけではない

人生の楽しみとはなにか。そうたずねると、仕事からはなれて遊ぶこと、と答える人が多い。しかし、そうではない。

ある人には非常に苦痛であることが、別の人にとっては楽しみであることもあります。だから、人によって、楽しみは多種多様であります。楽しみの内容が問題なのです。

陸上競技の100メートルの選手が、楽しみで水泳をやる。あるいは水泳の選手が走り高飛びをやって楽しむ。他人から見ると、100メートル全力疾走でスタミナを消耗した上に、泳いだり高飛びをしたりしなくてもいいのだが、当人が夢中になっていれば、それでいい。

将棋指しが、休憩時間に碁を打って楽しむのも、学者が推理小説の犯人さがしに夢中になって頭を休めているのも、いかにも仕事の延長のような気がするが、本人が楽しんでいれば立派な楽しみであります。

ところが人生の楽しみは、仕事からはなれて、まったく関係のないゴルフをしたり、山登りをしたりすることだ、と思い込んでいる人がいます。そういった”遊び”は、楽しみ方の一分野にすぎません。

パソコンで仕事を合理化している人が、パソコンゲームに夢中になって遊ぶのも、楽しみの一分野であります。

楽しみは仕事から180度はなれたところにある遊びだけではありません。そういった遊びでしか楽しみを得られないとしたら、その人は不幸であります。

いい人生を送ろうとすれば「地ならし」が必要であります。同じところばかり踏んでいては、「地ならし」にはなりません。そんな土地にはいい家は建てられない。家を建てるためには、全部「地ならし」をしなければなりません。

仕事というのは、ある一定のところだけを踏んでいるうようなものであります。踏んでいれば、そこは固くなり、いい土地になります。しかし、それだけではダメで、こっちも踏まなければならないし、あっちも踏まなければならない。全部踏み固めなければ「地ならし」はできません。

全部踏んではじめて立派な「地ならし」ができ、いい人生を送ることができるのであります。仕事の鬼になって仕事ばかりやるのもけっこうですが、それでは非常にかぎられたところだけを攻めることになります。

別のところも攻めなければなりません。その別のところを攻めるのが、人生の楽しみ方なのです。特別に、ゴルフや山登りにこる必要はありません。同じことではないことを普通にやっていればそれでいいのです。

100メートルの選手は水泳をやることで、スタミナの配分の仕方、使い方がおのずと参考になるはずです。将棋指しは囲碁を打つことで勝負のカンに磨きをかけることができるのだろう。違うところを踏んで見れば、仕事も広がってくるし、見方も変わってくるのです。

人生の楽しみ方とは頭の切り替え方でもあります。遊び出なくても頭を切り替える方法はいくらでもあるはずです。夢中になって精神を集中して打ち込めるものであれば、仕事と同じ線上のものでも十分であります。


この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(Den Fujitaの商法3の新装版)



発達障害がある人の転職に必要なキャリプラン前のページ

強みを活かしたキャリアデザイン転職次のページ

関連記事

  1. ビジネス脳の作り方

    「今日から使える」知識の生かし方【詳細を見る】

    いくら物知りになったとしても、その知識を頭の中にバラバラに放り込んで…

  2. ビジネス脳の作り方

    【転職したい自衛官の思考】「ノウハウ」とは「時間の使い方」だ

    下記は「この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(…

  3. ビジネス脳の作り方

    【転職したい自衛官の思考】4次元の発想をもってくれば勝つ

    下記は「この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(…

  4. ビジネス脳の作り方

    ビジネスをうまく立ち上げる人の「考え方」
    【詳細を見る】

    ビジネスをうまく立ち上げる人の「考え方」を「大好きなことでお金を稼い…

  5. ビジネス脳の作り方

    【転職したい自衛官の思考】数字は銭勘定のことではない

    下記は「この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(…

  6. ビジネス脳の作り方

    学びを稼ぎに変える方法!「仕事観」の変革。【詳細を見る】

    あなたが学んだ理由を活かせない理由、そして学びを稼ぎに変える方法を「…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP