【まとめサイト】自衛隊出身の宇宙飛行士

自衛隊出身の宇宙飛行士はまだ、「油井亀美也さん」と「金井宣茂さん」の2名しかいない。しかし、これからもっと元自衛官の宇宙飛行士が誕生し、いつしか、宇宙飛行士の王道になる人が来るのではないかと私は考えています。その2名の宇宙飛行士を紹介します。

油井亀美也

航空自衛隊のテストパイロット出身の宇宙飛行士

【経歴】
1992年(平成4年)3月に防衛大学校理工学専攻を卒業(第36期)。卒業後、航空自衛隊に入隊。F-15戦闘機のパイロットとして飛行任務に従事したほか、テストパイロットとしても活躍する。2009年2月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)第31期宇宙飛行士訓練生に選抜される。同年3月、航空自衛隊を退職(二等空佐)。宇宙航空研究開発機構(JAXA)第31期宇宙飛行士訓練生となる。自衛官出身の初の宇宙飛行士となる。


宇宙飛行士という仕事 選抜試験からミッションの全容まで (中公新書)

(内容)
人類史上いまだ550人ほどしかいない宇宙飛行の経験者。この特別な職業の実態とは――。選抜試験の中身と求められる資質、ユニークかつ厳しい地上での訓練、搭乗待ちの焦燥感、そして船外活動や実験など宇宙での活躍まで。JAXA宇宙飛行士室長などを歴任し、その奮闘と素顔を間近に見てきた著者が、細部から全体像まで描きだす。日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)船長・若田光一氏への特別インタビューも収録。


夢のお仕事シリーズ JAXA [DVD]

(内容)
「宇宙兄弟」の漫画・アニメ・映画のヒット、”はやぶさ”関連映画の立て続けの公開や、星出宇宙飛行士のISS長期滞在、
来年には若田飛行士が”船長”を意味するコマンダーのミッションを控え、ますます世間の注目度、子供たちの憧れが募るばかりのJAXA(宇宙航空研究開発機構)!
歴代の日本人宇宙飛行士の数々やこれから宇宙を目指す新人宇宙飛行士たち。

また2012年5月見事打ち上げを成功させた”しずく”のプロジェクトマネージャから、同じく7月に打ち上げられたH-2Bロケットのファンクションマネージャ、”はやぶさ2″のプロジェクトに取り組む研究者たち・・・・
ただ、それだけがJAXAの仕事ではない! 広報部でPR活動を行う職員や人事部まで、これまで目にすることのできなかった仕事やカメラが立ち入ることのできなかった場所など盛り込み、”空へ挑み、宇宙を拓く”JAXAの魅力、その全貌に迫る!

★宇宙への憧れを抱く、すべての人に贈る、最前線で宇宙に挑む男たちに密着するドキュメンタリー!
★宇宙飛行士のヒューストン訓練風景、ISS滞在中映像など超貴重映像が満載!
★宇宙航空業界への就職志望者必見、知られざるJAXAの仕事がわかる!

金井 宣茂

元海上自衛官。2017年12月からの第54次/第55次国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在クルーとして、日々の訓練に臨む宇宙飛行士の金井宣茂氏。日本人宇宙飛行士では少数派という医師出身者としての視点や、厳しい訓練に向き合う日常の様子を、ツイッターなどを通じて積極的に発信し、ファンとも活発な交流を図っている。

【経歴】
1976年生まれ。2002年に防衛医科大学校医学科卒業後、海上自衛隊第一術科学校等で、外科医師・潜水医官として勤務。2009年、JAXAよりISSに搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者として選抜される。2011年7月、油井亀美也、大西卓哉とともにISS搭乗宇宙飛行士として認定される。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自衛隊から宇宙飛行士を目指すならオススメの漫画があります。私も小学生の時に読み、自衛隊から宇宙飛行士を目指したいと考えた時期もありました。それは↓になります。


[まとめ買い] パスポート・ブルー(少年サンデーコミックス)

●登場人物
真上直進(まがみ・まっすぐ。下町育ちの熱血少年。幼い頃からの夢を叶え、民間宇宙飛行士となる)、青山空知(直進の幼なじみ。防衛大学校を卒業し、航空自衛隊の幹部候補生を経て、直進と共に民間宇宙飛行士に)、一文字乙姫(高校時代から大学3年の時まで、直進の彼女だった女性。現在は警視庁の警部。通称・真一<マイチ>)、小坂(サイバーテロリスト。直進たちとは中学時代からの因縁がある)

●あらすじ
2020年、春。直進と空知は遂に、NASAの正式認定書を持つ民間宇宙飛行士となった。直進はミッションスペシャリスト、空知はパイロットである。半年後、空知は日本人初の宇宙パイロットとして、空の天辺まで昇った。直進はじめ皆が、長年の夢を叶えた空知に祝福を贈る。だが霊界のさやかと交信できるマイチは、さやかから「あいつの悪意を感じる」と、不安な一言を告げられていた(第93話)。

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。