10分でよくわかるパラレルキャリア(安藤美冬)




パラレルキャリア(2つ以上の仕事や2つ以上の組織に関わる)をしたい、興味があるというOLさんは7割を超えるとも言われています。誤解されやすい、副業との違いも解説。


2035年会社から正社員が消える?「働き方の未来2035」<br>(詳細を見る)前のページ

激動時代を楽しく!「自分らしく生きる」それが幸せの条件<br>(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 10.複業事例

    【複業事例】「公務員」兼「フリーランス」・・・コロナで変わる働き方

    「公務員」でもあり「フリーランス」でもある。リモートワークが当たり前に…

  2. 10.複業事例

    【複業事例】広がる副業 ボーナス減の冬・・・空いた時間を有効に【Nスタ】

    きょうの「ここが知りたい!」新型コロナウイルスの影響で、本業が打撃を受…

  3. 10.複業事例

    【複業事例】みずほFGが兼業・副業解禁へ 異業種、起業もOK

    銀行員に副業や兼業を認める方針を明らかにしました。 みずほフィナンシャ…

  4. 10.複業事例

    【複業事例】多様な副業人材による企業改革_羽田土曜会

    これまでタブーとされてきた副業。副業と兼業を活用して地域活性化に動き出…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP