【転職したい自衛官の思考】4次元の発想をもってくれば勝つ

下記は「この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(Den Fujitaの商法3の新装版) (Den Fujitaの商法 新装版 3)」からの一部を抜粋したものになります。

4次元の発想をもってくれば勝つ

科学の進歩にはめざましいものがある。コンピューターも発達し、演算の速度も早くなってきた。速度は無限だと思いがちだが、コンピューターの専門家にいわせると有限なのだそうである。

つまり、光の速さまでは、はやく計算できるが、そこで行き詰まってしまう、というのだ。光のはやさより先にはいけない、という。というのも、光のはやさよりははやい物は、存在しないからである。

そうやってみると、コンピュター産業む先が見えている、ということができる。光のはやさまでは、各社が開発にしのぎをけずっても、それからは先はないから、競争もそれまでである。

とのつぎは何か、というと、時間である。

現在、われわれは、3次元の世界に生きている。縦、横、高さの世界で生きている。ところが、4次元の世界がある、といわれている。4次元の世界とはなにか、というと、3次元の世界に時間を加えたものである。縦、横、高さ、プラス、時間。それが4次元の世界なのだ。

私が今、目の前にある壁をすり抜けてみせる、といっても、だれも信用しないだろう。ところが、4次元の世界では、簡単に、壁をすりぬけることができる。というのは、4次元の世界では、時間を前後する事ができるからである。

現在は目の前にある壁も、10年前にビルが建つまでは、ここに存在しなかった。とすると、10年前に瞬間的にもどる事ができたら、簡単に壁の向こうにいくことができるのである。

また、100年先にいけば、ビルも壁も存在しないかもしれない、そうすれば、瞬間的にそこへいけば、壁をすり抜けて向こうへいく事が可能なのである。

このように3次元では不可能なことでも、4次元の世界に行けば可能なのである。

3次元の世界に4次元の発想をもってくると、これまでとはちがった、新しい考えがでてくると思う。時間をうまく使うというのは4次元の発想である。4次元の発想をもってくると、現在不可能だと思っていることも可能になってくる。


この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(Den Fujitaの商法3の新装版) (Den Fujitaの商法 新装版 3)

【転職したい自衛官の思考】時間効率がハイレベル前のページ

【転職したい自衛官の知識】決算書は会社の健康診断次のページ

関連記事

  1. ビジネス脳の作り方

    「今日から使える」知識の生かし方【詳細を見る】

    いくら物知りになったとしても、その知識を頭の中にバラバラに放り込んで…

  2. ビジネス脳の作り方

    遊び方を知らない奴にいい仕事はできない

    人生の楽しみは遊びだけではない人生の楽しみとはなにか。そうたずねる…

  3. ビジネス脳の作り方

    学びを稼ぎに変える方法!「仕事観」の変革。【詳細を見る】

    あなたが学んだ理由を活かせない理由、そして学びを稼ぎに変える方法を「…

  4. ビジネス脳の作り方

    ビジネスをうまく立ち上げる人の「考え方」
    【詳細を見る】

    ビジネスをうまく立ち上げる人の「考え方」を「大好きなことでお金を稼い…

  5. ビジネス脳の作り方

    【転職したい自衛官の思考】「ノウハウ」とは「時間の使い方」だ

    下記は「この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(…

  6. ビジネス脳の作り方

    【転職したい自衛官の思考】数字は銭勘定のことではない

    下記は「この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP