【転職したい自衛官の思考】30代とはどのような10年なのか

下記は「30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則」からの抜粋です。

30代とはどのような10年なのか

人生を10年ずつ区切るなら、20代は「種まき期」、30代が「育成期」、40代が「収穫期」ということになるでしょうか。40代で収穫したもので50代を過ごし、60代でハッピーリタイアというのがビジネスパーソンの双六になります。

30代は、20代で巻いた種を育てる「育成期」ですが、育成するというのは、簡単に言えば「成果」を生み出すということです。20代で蓄積したスキルや知見を活用して、この10年で何が何でも最大の成果をあげ、40代の収穫期に繋げるということです。

幸せの基準は人それぞれですが、仕事でもプライベートでも人生を豊かに送るためには、誰でも成果を出す必要があります。頑張って何かを成し遂げた先に、はじめて幸せが訪れるはずです。

30代という「育成期」に成果を出す事が、その後の人生を大きく左右します。30代とは、人生の天王山であり、「土台作り」の10年だと言えるでしょう。30代では、多くの人が結婚し、出産・育児を経験し、中には昇進したり転職したり独立したりと、公私ともに大きな決断を迫られる一大事が続きます。

20代までは、比較的周りがサポートしてくれたり、成果というより「挑戦者」という目で温かく見守ってくれますが、30代は「自分の力」でそれらを成し遂げる必要があります。嘘やごまかしは通用しません。

30代で成果を出すためには、「本物の力」を身につけないといけないのです。仮にごまかしながら30代を乗り越えたとしても、この10年は「土台」となるので、その後の人生もごまかし続けなければならなくなります。真の力を身につけられたか、そうでないかで、その後の人生の過ごし方が大きく変わるのです。

「主役」としてはじめて表舞台に立つ

30代になると、それまでは脇役で済んだことが、仕事でも家庭でも「主役」になることが求められます。まさに、論語でいう「30にして立つ」がそのことを象徴しています。

例えば、システム開発のプロジェクトでは、それまでは一メンバーとして自分に割り当てられたタスクをこなし、誰かにそれをマネジメントされていればよかったことが、逆に小さいながらも何らかのグループでリーダー的な役割を求められるようになるのです。

スタッフ部門や技術部門においても、それまではテーマも期限も上司から降ってきて、それを粛々とこなすワーカー業務から、今度はそのテーマ自体を自らが発案し、周りに働きかけながら部門や会社にプラスになる成果を出すことが要求されるようになります。

30代というのは、自分が「主役」です。それまでは上司にお伺いを立てて、その返答を顧客や社員に伝えると言う連絡係でも許されたかもしれませんし、上司の印さえあれば、自分の責任を問われるようなこともありません。

しかし、30代になったら自分の頭で考え、行動し、しかもその結果がうまくいかなかった場合はその原因を考え、試行錯誤してうまくいくように再実行しなければならないのです。

待っていても誰も手を貸してはくれませんし、自己責任の中で前に進んでいくしかないのです。それが「もはや脇役ではない」ということです。

そのことに気がつかず、主役にギアチェンジしないまま30代を過ごしてしまった人は、一向に実力が身につかずにその後伸び悩み、人生の土台をつくることができません。

 


30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
 

幹部自衛官であるうちに徹底的にリーダーシップを学べ前のページ

【自衛官の転職】支援サイトのまとめ次のページ

関連記事

  1. 30代を後悔しない方法

    投資額以上のリターンを生む勉強法とは
    【詳細を見る】

    あなたは、「勉強をすればリターンがある」と考えていませんか。勉…

  2. 30代を後悔しない方法

    【転職したい自衛官の人生戦略】人生逆転のアクション

    自衛官からの人生戦略を「30歳からの人生戦略」の言葉を借りて紹介しま…

  3. 30代を後悔しない方法

    【自衛官からの成功戦略】「決意があるかどうか」が決めて

    自衛官を辞めて後悔しないための成功戦略を「「戦う自分」をつくる13の…

  4. 30代を後悔しない方法

    【自衛官】転職と独立から見える「自分の実力」

    下記は「30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人…

  5. 30代を後悔しない方法

    【後悔しない自衛官の転職】理想と現実のギャップに苦しむ年代

    下記は「30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP