【転職したい自衛官の思考】30代とはどのような10年なのか

下記は「30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則」からの抜粋です。

30代とはどのような10年なのか

人生を10年ずつ区切るなら、20代は「種まき期」、30代が「育成期」、40代が「収穫期」ということになるでしょうか。40代で収穫したもので50代を過ごし、60代でハッピーリタイアというのがビジネスパーソンの双六になります。

30代は、20代で巻いた種を育てる「育成期」ですが、育成するというのは、簡単に言えば「成果」を生み出すということです。20代で蓄積したスキルや知見を活用して、この10年で何が何でも最大の成果をあげ、40代の収穫期に繋げるということです。

幸せの基準は人それぞれですが、仕事でもプライベートでも人生を豊かに送るためには、誰でも成果を出す必要があります。頑張って何かを成し遂げた先に、はじめて幸せが訪れるはずです。

30代という「育成期」に成果を出す事が、その後の人生を大きく左右します。30代とは、人生の天王山であり、「土台作り」の10年だと言えるでしょう。30代では、多くの人が結婚し、出産・育児を経験し、中には昇進したり転職したり独立したりと、公私ともに大きな決断を迫られる一大事が続きます。

20代までは、比較的周りがサポートしてくれたり、成果というより「挑戦者」という目で温かく見守ってくれますが、30代は「自分の力」でそれらを成し遂げる必要があります。嘘やごまかしは通用しません。

30代で成果を出すためには、「本物の力」を身につけないといけないのです。仮にごまかしながら30代を乗り越えたとしても、この10年は「土台」となるので、その後の人生もごまかし続けなければならなくなります。真の力を身につけられたか、そうでないかで、その後の人生の過ごし方が大きく変わるのです。

「主役」としてはじめて表舞台に立つ

30代になると、それまでは脇役で済んだことが、仕事でも家庭でも「主役」になることが求められます。まさに、論語でいう「30にして立つ」がそのことを象徴しています。

例えば、システム開発のプロジェクトでは、それまでは一メンバーとして自分に割り当てられたタスクをこなし、誰かにそれをマネジメントされていればよかったことが、逆に小さいながらも何らかのグループでリーダー的な役割を求められるようになるのです。

スタッフ部門や技術部門においても、それまではテーマも期限も上司から降ってきて、それを粛々とこなすワーカー業務から、今度はそのテーマ自体を自らが発案し、周りに働きかけながら部門や会社にプラスになる成果を出すことが要求されるようになります。

30代というのは、自分が「主役」です。それまでは上司にお伺いを立てて、その返答を顧客や社員に伝えると言う連絡係でも許されたかもしれませんし、上司の印さえあれば、自分の責任を問われるようなこともありません。

しかし、30代になったら自分の頭で考え、行動し、しかもその結果がうまくいかなかった場合はその原因を考え、試行錯誤してうまくいくように再実行しなければならないのです。

待っていても誰も手を貸してはくれませんし、自己責任の中で前に進んでいくしかないのです。それが「もはや脇役ではない」ということです。

そのことに気がつかず、主役にギアチェンジしないまま30代を過ごしてしまった人は、一向に実力が身につかずにその後伸び悩み、人生の土台をつくることができません。

 


30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
 

関連記事

  1. 【後悔しない自衛官の転職】理想と現実のギャップに苦しむ年代

  2. 【自衛官】転職と独立から見える「自分の実力」

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。