【転職したい自衛官の思考】数と期限を決めて、人に会いにいく。

下記は「冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)」からの抜粋です。

会いたい人と会うチャンスをせっかくつかんだとしても、それにつなげていく人は、意外と少ないものです。あちこちでに出向いて人脈を広げていた時のこと。

交流会の会場でふと聞いてみたところ、その場にいた全員が「こうした場で会った人に自分から連絡する事はまれ」と答えていました。

確かに、あらためてメールで自己紹介をしたり、フェイスブックで友達申請をしたりするのは一手間かかりますし、心理的ハードルもあります。でもその一手間が、もしかすると待ち望んでいたチャンスに繋がる扉になるかもしれない考えたら、それを開けない手はないのではないか。

安藤美冬さんは「24時間以内にメールする」というマイルールを作り、自分に課していました。まさに月100人以上と会っていた頃の話ですから、ひとりひとりにメールを送るのは、気力も労力も必要な作業でした。

なぜ、「会ってから24時間いない」という制限を設けたかというと、人は忘れやすい生き物だからです。「エビングハウスの忘却曲線」という人間の記憶力に関する研究によれば、人は24時間以内に実に7割以上のことを忘れるそうです。

そこで記憶が薄れないうちに、あらためてこちらから連絡をとり、名前やキャクター、交わした会話などの「記憶を蘇らせる」のです。

自分から連絡する、と決めてしまえば、「あの人から連絡がこない」と不満に思うことはなくなります。まず帰宅したら、名刺入れをかばんから取り出してサッと連絡。それだけで周囲の人よりも一歩先んじて緑をつないで行けるようになります。


冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

【転職したい自衛官の思考】自由にレバレッジをかけられる人前のページ

【転職したい自衛官の思考】数字は銭勘定のことではない次のページ

関連記事

  1. 自分の仕事をつくる方法

    転職したばかりの社内での提案の注意点
    【詳細を見る】

    転職したばかりの社内での提案の注意点について、「どんな会社でも結果を…

  2. 自分の仕事をつくる方法

    【転職したい自衛官の思考】冒険に出よう〜安藤美冬〜

    ノマドワーカーの元祖〜安藤美冬〜フリーランサー、ライター、コメ…

  3. 自分の仕事をつくる方法

    会社に捨てられるくらいなら「稼げる自分」になるしかない
    (詳細を見る)

    以下は、「秒速で1億円稼ぐ条件」から紹介する一文である。日本…

キャリアブランディング支援@笑まち

100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

転職相談事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

  1. 11.気になる記事

    神戸市役所は「副業人材」を登用!出勤せずフルリモート(詳細を見る)
  2. 11.気になる記事

    転職で後悔しないために押さえておくべき「3要素」とは何か
  3. 11.気になる記事

    河野国家公務員制度担当相は「霞が関がブラック化している」と公表
  4. 11.気になる記事

    転職を成功させたい人が絶対考えるべきこと|転職条件や自分の強みって、どう考えれば…
  5. 11.気になる記事

    塩田透氏の経歴。博報堂を早期退職! 安定した会社員生活から飛び出した理由
PAGE TOP