【自衛官の転職】将来性に不安を感じ、スナックへ転職

転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣」からの抜粋

将来性に不安を感じ、スナックへ転職

30代前半男性です。私は以前関東で働いていました。30歳になった頃、その職場の将来性に不安を感じ、思い切って転職を決意しました。雇用保険もあったので、幾分余裕をもって活動できると思っていましたが、結果は惨敗・・・縁がなく、どこの会社にも就職できず、雇用保険も切れてしまいました。とうとう貯金を崩し始め、精神的にもかなり追い込まれました。

そんなある日です。知人でスナックを経営している人に世間話でその話をしたところ、じゃあうちにくれば?とい言われました。ここが人生の別れ道でした。冷静さを欠いていた私はその提案に乗ることにし、福島への転居と転職を決めました。

予め時給も聞いていて、生活が出来るレベルだと安易に考えていましたが、いざ蓋を開いて見ると全く違う現実が待っていました。

まず用意された部屋です。お世話にも綺麗とは言えない築年数が古いアパートでした。外観を見た瞬間に、住みたくないと思いました。物件に空きがあると聞いていましたし、ある程度の古さは覚悟していたんですが、想像以上でした。トイレは、和式、お風呂にはシャワーもありませんでした。そこでもう大分後悔していました。

さらに追い打ちをかけるように状況は変わります。それは時給です。事前に聞いていた時給よりも数百円低かったのです。理由としては、女の子も雇っているし、まだお客さんを持っていないからということでした。

これには流石に怒りを覚えました。正直時給を聞いて色々と妥協して、転居転勤を決めたのに、いきなり時給が違うなんて、正直詐欺だと思いました。個人経営だから出来ることであって、一般企業であれば絶対に許されないことです。

さらに業務が始まり、さらに問題は起こります。そこのお店の給料だけでは生活できなくなりそうなのでダブルワークを探したのですが、夜の拘束時間が長すぎるんです。閉店1時間以上前に入店させられるし、閉店後も店主が酔っ払い、2時間以上拘束されます。

もちろんそこには時給は発生しません。時間ばかりが取られていき、ダブルワークを何とか始めたものの体と心がどんどんおかしくなっていきました。

そして店の都合で仙台に移転した時点で、私の中で何かが切れました。もう無理だ・・・と。知らない土地だからと、時給はさらに下げられ、重なる転居により、出費ばかりが重なりました。その頃には新人の女の子と500円以上も時給に差があり、でも接客などやっている事は一緒で、更に私は開店閉店作業がある。

そこはもちろん無給。精神的にかなり追い詰められた私は、行政機関に相談に行きました。その時すでに精神科などに通うほどの状態になっていたので、行政も動いてくれて、生活保護を受ける事が出来ました。シフト週6の私には治療などする余裕もなく、先生からも退店を強く勧められていたので、これでやっと自由になれると思いました。

そして、水商売に入り2年でやっと退店する事が出来ました。今はあの環境から離れただけで幸せです。

これから転職される方は、出来れば新しい転職先を見つけてから、退職する事をお勧めします。


転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣

関連記事

  1. 【自衛官の転職】工場勤務から移動式販売に転職

  2. 公務員である自衛隊を辞められない時の退職代行サービスのススメ

  3. 【自衛官の再就職】高い給料に惹かれ営業会社に再就職

  4. 小売店から自動車関係の製造業現場に転職

  5. 【自衛官の転職】パートタイムから正社員の会社へ転職活動

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。