小売店から自動車関係の製造業現場に転職

転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣」からの抜粋

小売店から自動車関係の製造業現場に転職

私は30代半ばの男性であり、勤めていた小売店が事業整理によって縮小したことから、その会社の将来性に疑問を感じて、より良い人生を送るために転職をしました。

小売店では正社員の立場であったものの、特にスキルが身に付く業務内容ではなく、日々のタスクをこなしていくだけでした。職場の人間関係はそれほど悪くはなかったのですが、その時点でちょうど30歳に近づいていたこともあって、将来に対する危機感を持っていたのです。

転職先は、自動車関係の製造業の現場でした。下請けの企業であって、現場で物の移動や加工を行う仕事と理解した上で、求人に応募しました。待遇は同じく正社員でしたが、入社してから半年は試用期間としてアルバイト扱いになりました。

私が求人に応募した時期は、ちょうど人手不足だったようで、面接では仕事について質問された後に、数日後にあっさり内定をもらえたことを今でも覚えています。初めての転職とあって、とりあえず日本では製造業が安定しているから、その業界で働いて見ようと考えたのです。

自動車の製造業では、業界として一番上にいる会社の方が良かったのですが、そちらでは期間工と呼ばれている短期間の募集が大部分で、正社員になれなかったので断念しました。自分でも採用される可能性が高い会社を選べたという意味では、私の見立ては正しかったと言えます。

しかし、安定した経営があることだけ考えていたので、その認識の甘さによって少しずつ追い詰められていきました。その主な理由は、製造業の現場は常に動いていて、昼勤と夜勤を交代で行っていた点です。それまで夜には眠る生活だったのに、1週間ぐらいの間隔で勤務時間が入れ替わるという不規則な生活に変わってしまいました。

転職した会社は大企業の傘下で、仕事のマニュアルが完備されていました。作業者としては新人である私でも、段階的に仕事を覚えられたことには、さすがに世界に誇る製造業と関心しました。

とはいえ、夜勤に夜負担は想像していた以上に大きく、その日の製造ノルマを達成することにピリピリしていたのも相まって、この転職は失敗だとおいう思いが強まっていったのです。

転職から数年間が経った数年間が30歳前後の年齢で、私は前職よりも増えた収入が記載された給与明細を見ながら、製造業に特有の連休中に、これからどうするべきかを真剣に考えました。そして、熟考の末に、この転職は失敗であったと結論を出しました。

失敗した原因は明確で、自分の適性と業務内容のマッチングを全く考えていなかったからです。いくら経営が安定していても、自分の心身がおかしくなっては元も子もありません。


転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣

関連記事

  1. 【自衛官の転職】工場勤務から移動式販売に転職

  2. 公務員である自衛隊を辞められない時の退職代行サービスのススメ

  3. 【自衛官の転職】パートタイムから正社員の会社へ転職活動

  4. 【自衛官の再就職】高い給料に惹かれ営業会社に再就職

  5. 【自衛官の転職】将来性に不安を感じ、スナックへ転職

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。