転職ではキャリアやスキル以上に大切なものがある

今回は人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援業などを行う、パーソルキャリア執行役員の大浦征也(おおうらせいや)さんに取材を試みた。2002年にインテリジェンス(現社名:パーソルキャリア)に入社し、人材紹介事業、企業の採用支援、人事コンサルティングなどに関わる。


その後、キャリアアドバイザーとして転職希望者のキャリアカウンセリングやサポートに携わる。これまでに支援した転職希望者は、1万人を超える。その後、キャリアアドバイザーの総責任者となる。法人営業部隊も含めた地域拠点の総責任者を経て、2017年より現職。17年4月~2020年5月まで転職サービス「doda(デューダ)編集長」を務める。


社外にて、一般社団法人人材サービス産業協議会のキャリアチェンジプロジェクト、ワーキンググループメンバーにも名を連ねる。


続きはこちら リンクのhtmlタグ 転職ではキャリアやスキル以上に大切なものがある【Wedge】


【有名な元官僚の経歴】元通商産業省キャリアだった岸博幸<br>(詳細を見る)前のページ

【気になる経歴】佐世保地方総監 海将 出口佳努は次期、海幕長?次のページ

関連記事

  1. 12.気になる記事

    河野国家公務員制度担当相は「霞が関がブラック化している」と公表

    河野国家公務員制度担当相は「霞が関がブラック化している」として、全省庁…

  2. 12.気になる記事

    現役公務員の副業。「KAKEHASHI」の 松田こずえさん

    終身雇用の仕組みが崩れつつあり、多くの企業で禁止されていた副業や兼業…

  3. 12.気になる記事

    転職を成功させたい人が絶対考えるべきこと|転職条件や自分の強みって、どう考えればいいの?

    ふと「転職したい…」と思ったとき、あなたはまず何から始めますか?…

  4. 12.気になる記事

    【異色の経歴】陸上自衛隊、深山正仁2等陸佐。イスラエル、エジプト停戦監視活動。

    防衛省はイスラエルとエジプトの停戦監視など多国籍軍とともに活動する自…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP