起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?

「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするためには、「起業家」から「事業家」へと、自らを進化させる必要がある、というのが田所氏が本の中に込めたメッセージだ。本連載では、「起業家」から「事業家」へとレベルアップするために必要な視座や能力、スキルなどについて解説していく。 続きはこちら 起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?【ダイヤモンドオンライン】

【その経歴は?!】第5航空団司令兼新田原基地司令 空将補 尾山正樹<br>【詳細はこちら】前のページ

【真実か?!】公務員の退職勧奨やリストラをする自治体が出てくる!次のページ

関連記事

  1. 12.気になる記事

    元保険営業マンの堀江陽氏が「スシロー社長」になれた経歴の裏側

    回転ずし業界で国内店舗数、売り上げともにトップを快走する「スシロー」…

  2. 12.気になる記事

    株式会社FromToの角田尭史さんが副業の会社のIT企業役員になるまで

    採用活動で、どれだけ経歴書を見たり面談を繰り返したりしても、結局は一…

  3. 12.気になる記事

    航空自衛隊に宇宙作戦隊発足。初代隊長は阿式俊英2等空佐(防大45期)の経歴は?

    防衛省は18日、航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を発足させた。自衛隊初とな…

  4. 12.気になる記事

    【真実か?!】公務員の退職勧奨やリストラをする自治体が出てくる!

    世間一般では、リストラや減給のない理想的な職業と思われがちな「公務員…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP