自分の肩書きを増やす「フラッシュキャリア」とは?(詳細を見る)

スラッシュキャリアとは、複数の分野に及ぶ自身のスキルや経歴、肩書きを「/(スラッシュ)」で区切り、一つに限定せずに多方面で仕事をしていくキャリア形成の考え方です。本業以外に異なるジャンルの副業をしている人や、自分が所属している組織(会社)外でプロボノなどのボランティアに参加をしている人、フリラーンスとして多分野の仕事を手掛けている人など、複数の仕事・肩書きを持っている人は徐々に増えつつあります。


そんなスラッシュキャリアを持っている人のことを「スラッシャー」と呼びます。
海外の有名人でもスラッシャーとして活躍している人は多く、
・ジェシカ・アルバ(女優/アントプレナー)
・ビヨンセ(歌手/プロデューサー業)
・セレーナゴメス(女優/歌手/ドラマ制作/ユニセフ親善大使)
などが話題になりました。



スラッシュの数はいくつあっても良いので、たくさんの肩書きを手にしている人もいます。海外だけでなく、日本でも同様に、名刺・SNSのプロフィール欄などに、こういったスラッシュが記載されている方も見かけられるようになりました。自分のキャリアを一つの企業内の役職だけに制限するのではなく、肩書きと活躍の幅を増やしていく。これからの時代には、このスラッシュを増やして、自分の価値を高めていくことが必要になるのです。


詳細はこちら
肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう【Cing】


公務員から民間に転職して失敗や後悔する人の思い込みな考えとは?(詳細を見る)前のページ

【転職を考える前】ストレスがMAX!人間関係が辛く、疲れの限界を感じた時の考え方次のページ

関連記事

  1. 12.気になる記事

    塩田透氏の経歴。博報堂を早期退職! 安定した会社員生活から飛び出した理由

    55歳で博報堂を早期退職。現在は、マルチコネクトプロデューサーという…

  2. 「あなた」という商品を高く売る方法

    転職と副業のかけ算。それが、生涯年収を上げる方法【詳細を見る】

    転職と副業は、サラリーマンであれば誰でも使うことができる「術」であり…

  3. 12.気になる記事

    【異色の経歴】陸上自衛隊、深山正仁2等陸佐。イスラエル、エジプト停戦監視活動。

    防衛省はイスラエルとエジプトの停戦監視など多国籍軍とともに活動する自…

  4. 12.気になる記事

    航空自衛隊に宇宙作戦隊発足。初代隊長は阿式俊英2等空佐(防大45期)の経歴は?

    防衛省は18日、航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を発足させた。自衛隊初とな…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP