【転職したい自衛官の思考】自ら考え行動できる

下記は「あたらしい働き方」から一部を抜粋したものです。

自ら仕事を作られるか。収益が上がる仕組みを作ることが出来るか。

どの会社でも採用の条件としてあがっていたが、自ら考え行動できることでした。当たり前といえば当たり前なことですが、実は意外にできていない人は少なくないと思うのです。

例えば、自ら仕事を作れるか。収益が上がる仕組みを作ることができるか。ビジネスモデル作りができるのか。日本の教育の基本は、優秀な従業員を作ること、だったのではないでしょうか。組織てミッションを従順にこなしていく人材が、育てられてきたのではないかと思うのです。

逆に言えば、言われないとできないということ。何も言われなくても自分でモノを作ったり、組織を作ったりすることは得意ではない。しかし、これからの時代に求められているのは、まさに自ら行動する姿勢なのです。

そしてこの姿勢を別の表現で言い換えるとするなら、自らきちんとマネジメントできるか、ということになると思います。目標があって仕事に向かっているとき、セルフマネジメントができるかどうか。

上司が見ていないとサボってしまう人もいれば、自分で動ける人もいる。あれをやりなさいと言われないと動けない人もいる。ましてや、労働時間も曖昧なフレキシブルな働き方、フレックスタイム、もっといえば無期限休暇なんてものである環境の中で、セルフマネジメントができない人は、単にサボるだけで終わってしまいかねない。

先にも書いた大人が求められるということです。実際のところ、アメリカでの取材で、何度も大人という言葉が出てきたことは意外でした。それだけ大人の行動ができる人が少ない、ということなのかもしれません。

自ら考え行動できることも大人であることがいい、そうでなかればいけない、と言いたいのではありません。こういう人たちでないと、あたらしい働き方の会社では、やっていくことが難しいと思われるからです。もし大人でないのに入社してしまうと、結果的にお互いの不幸になりかねない。

言われたことを従順にこなす方が好きだという人もいますし、そういう人材を好む会社もあります。どちらがいい、ということではなく、新しい働き方には、自ら考え行動できる人しか向いていない、ということです。

わかりやすく言えば、ベンチャースピリット、と言ってもいいかもしれません。ベンチャースピリット的な要素が、あたらしい働き方にマッチするのです。


あたらしい働き方

【目的は何?】40代の海上自衛官が女性隊員2700人の個人情報持ち出しの理由前のページ

【転職したい自衛官の思考】あたらしいハードワークができる次のページ

関連記事

  1. 新しい働き方に必要なスキル

    「弱くても勝つ」ランチェスターの法則
    【詳細を見る】

    転職活動する中でも、大きな実績を出したことがないとか、特殊な専門性や…

  2. 新しい働き方に必要なスキル

    【転職したい自衛官の思考】コラボレーションできる能力

    下記は「あたらしい働き方」から一部を抜粋したものです。個々の才能が…

  3. 新しい働き方に必要なスキル

    【転職したい自衛官の思考】自由にレバレッジをかけられる人

    下記は「あたらしい働き方」から一部を抜粋したものです。古い価値…

  4. 新しい働き方に必要なスキル

    【転職したい自衛官の思考】あたらしいハードワークができる

    下記は「あたらしい働き方」から一部を抜粋したものです。ハードワーク…

  5. 新しい働き方に必要なスキル

    【転職したい自衛官の思考】時間効率がハイレベル

    下記は「あたらしい働き方」から一部を抜粋したものです。あたらしい働…

  6. 新しい働き方に必要なスキル

    【転職したい自衛官の思考】上下ではなく横のパートナーシップ

    下記は「あたらしい働き方」から一部を抜粋したものです。多くの会…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP