神戸市役所は「副業人材」を登用!出勤せずフルリモート(詳細を見る)

今年10月、神戸市役所の16階にある広報戦略部のオフィスに異様な光景が広がった。あちこちのミーティングテーブルで、職員らがパソコンやタブレットに向かい、ウェブ面接をしていたのだ。 神戸市では、広報業務を担う40人の「副業人材」を公募(募集は9月24日から)。この規模で自治体が、副業として働ける人材を求めたのは初めて。しかも、市役所には出勤せずフルリモートで働けることもあり、全国から1433人からの応募があった。前述のオンラインでの面接を重ねて、37人が選ばれた。


将来の移住や定住にもつながればとコロナ禍によって在宅勤務やテレワークが広まり、大企業でも社員の副業を解禁する動きも広がり、別の組織で働くハードルは一気に下がった。今回の神戸市役所の副業人材の公募も、その流れに即したものだと言える。


募集したのは、主に広報業務に関するものだが、その内容は、ホームページのモニタリング、SNSや広報紙の記事作成、動画や写真の企画および撮影、広報媒体の作成などで、いずれも市役所に登庁せず、リモートで働けるものばかりだ。神戸市の久元喜造市長は募集開始の記者会見では次のように語った。


続きはこちら
神戸市が「副業人材」を登用 PRのプロは自治体広報をどう変えたか【Forbes】



自己ブランディング&情報発信力を高めるブログの作り方が学習できる【副業の学校 ブログ講座】



【真実か?!】公務員の退職勧奨やリストラをする自治体が出てくる!前のページ

【ストレス解消】疲れや倦怠感を防ぐ食べ物次のページ

関連記事

  1. 12.気になる記事

    【真実か?!】公務員の退職勧奨やリストラをする自治体が出てくる!

    世間一般では、リストラや減給のない理想的な職業と思われがちな「公務員…

  2. 12.気になる記事

    「ふるさと創生職員」で「公務員ユーチューバー」の原田翔さん

    京都府京丹後市の「ふるさと創生職員」として、1月に採用された原田翔さ…

  3. 12.気になる記事

    学校の仕事に興味がある人をつなぐプラットフォーム「複業先生」@株式会社LX DESIGN

    「テクノロジーとコミュニティの力で学校と社会をつなぎ合わせたい」――…

  4. 12.気になる記事

    「Fukusen」の運営者、細野真悟さんが語る副業で注意すること
    (詳細を見る)

    リクナビNEXT編集長やリクルートキャリア執行役員を経て、現在はフリ…

  5. 12.気になる記事

    航空自衛隊に宇宙作戦隊発足。初代隊長は阿式俊英2等空佐(防大45期)の経歴は?

    防衛省は18日、航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を発足させた。自衛隊初とな…

  6. 12.気になる記事

    転職で後悔しないために押さえておくべき「3要素」とは何か

    キャリアコンサルタントが候補者との面談でしっかり押さえるべきポイント…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP