【転職したい自衛官の思考】何事も「最高のアウトプット」をイメージしてから動く

下記は「何があっても必ず結果を出す! 防衛大式最強の仕事」からの抜粋である。

防衛大時代、もっとも大変でプレッシャーだったのが、「上級生から指示されたことに対して最高のアウトプットを出さなくてはいけないこと」でした。ここでいう「アウトプット」とは、行動することによって生まれた形の事をいいます。

仕事で求められる「結果」も「アウトプット」です。そして、「最高のアウトプット」を出すことこそが、仕事の目的です。

防衛大時代は、どんなに劣悪な環境であったり、理不尽な指導があったりしても最高の「アウトプット」が求められました。出せなかったり、合格レベルに至らないと、さらに指導が入りストレスは増えるばかりでした。

上級生が求めるレベルのアウトプットを出すために、たださえない時間を絞り出して、考え、努力し、実践・行動する。それを必死で繰り返していました。こんな生活は防衛大にいる間だけかと思っていたのですが、会社に入って驚きました。

上司から指示されたもの、お客様から依頼されたもの、様々なもに「アウトプット」を出すことが求められたからです。さらに、防衛大のとき以上に、ハードで理不尽なものも少なくありませんでした。景気のよしあし、上司からのむちゃぶり、お客様からの突発的な依頼。

こちら都合など関係ありません。さらに、どんな仕事にも「納期」があります。その限られた時間の中でどんなことがあっても最高のアウトプットを出して当たり前。入社してからしばらくの間は、なかなか至難の日々でした。


何があっても必ず結果を出す! 防衛大式最強の仕事

【自衛官の転職】パートタイムから正社員の会社へ転職活動前のページ

【転職したい自衛官の思考】イメージできるならば必ず実現する次のページ

関連記事

  1. 防衛大式最強の仕事術

    【幹部自衛官の思考】場当たり的な「気合」や「根性」では乗り越えられない

    下記は「何があっても必ず結果を出す! 防衛大式最強の仕事」からの抜粋…

キャリアブランディング支援@笑まち

100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

転職相談事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

  1. 11.気になる記事

    転職を成功させたい人が絶対考えるべきこと|転職条件や自分の強みって、どう考えれば…
  2. 11.気になる記事

    河野国家公務員制度担当相は「霞が関がブラック化している」と公表
  3. 「あなた」という商品を高く売る方法

    これからは誰しも副業の時代!「自分カタログ」の作り方
  4. 11.気になる記事

    なんと1位は14年連続!「ユーキャンサイト人気講座 年間ランキング」発表
  5. 11.気になる記事

    起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?
PAGE TOP