【自衛官の転職】工場勤務から移動式販売に転職

下記は「転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣」からの抜粋です。

工場勤務から移動式販売に転職

40代前半男性です。高校卒業後、ずっと工場での勤務ばかりしていました。回りの環境が工業地帯でしたので、工場勤務をしている人も周りには多かったです。しかし、現在日本では工場閉鎖が相次ぎ、私が携わっていた液晶関連の企業もいよいよ日本からなくなり中国へ行ってしまいました。

工場の数は年々少なくなり、何か他の業種はないかと求人を探してました所、うどん屋の移動販売店の求人に目が止まりました。俗にパチンコ屋さんのとなりによくある飲食店は、もしかすると皆さん見たこともあるかもしれませんが、これが移動式になっているという事です。軽自動車の荷台に店舗があり、これを時間で移動して販売するという商売でした。

早速面接に伺うと、社長は「これからは移動販売の時代です。店舗を構えると経費がかかるため、今は移動式販売がどんどん増えている。我々はもっと会社を大きくして、あなたにも会社で貢献してもらい発展させてもらえないか。」と熱意を込めてせっせいと、この仕事の熱意を私に説明するんです。

私はこうした社長の熱意に感銘を受け、その日のうちに入社をするという事を決めました。多少、飲食という不慣れな業種であった事で不安もありましたが、うどんをゆでてお客様に提供するという仕事なので、それ程調理技術を必要としないことからなんとか自分でもやれるだろうと入社を決意しました。

しかし、この熱意とは全く裏切られた形となり、散々な目にあい僅か数ヶ月で退社しました。実は移動式販売の車両には、保健所許可を取るにあたり自動車には蛇口の設置が義務づけられています。どうしてもそれができない場合、水道の確保をしなければならないのですが、車に蛇口があるなんて珍しいのでひねって見たらびっくり。小さい小ぶりが出てきました。

それを見た先輩が「水なんて出るわけねーじゃーねーか。何を考えてんだ。」と叱責されました。始まって数分でこうした感覚に違和感を覚えました。

広告には朝9時〜18時とありましたが、実際には21時での勤務でした。その間無論残業代は出ません。しかも調理もあるので、日によって朝7時に出勤する場合もあるんです。つまり高速時間は14時間近くになります。お昼休みもありません。

食事はお客さんが居ないときに食べるだけになります。給料は23万円ですが、出勤日は全体で25〜26日なので、これで残業の不払いを換算すると時給は700円前半ということになります。

確かに食事代は1日100円なので、食費もかかりませんし家賃だけの生活なのでしかも自由時間が殆どないので、お金は貯まるのですが明らかに法律違反の会社ということになります。

今はブラック企業とか名前があるのですが、私の時はそんな名前すらありませんでしたが違法会社という認識しかありませんでした。多くの飲食店は真面目にやられているとは思いますが、ここの会社は極めてずさんで酷いと思います。

 


転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣

 

関連記事

  1. 公務員である自衛隊を辞められない時の退職代行サービスのススメ

  2. 【自衛官の転職】将来性に不安を感じ、スナックへ転職

  3. 【自衛官の転職】パートタイムから正社員の会社へ転職活動

  4. 【自衛官の再就職】高い給料に惹かれ営業会社に再就職

  5. 小売店から自動車関係の製造業現場に転職

転職前に知っておきたいこと

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。