内向型人間がストレスのない人付き合いをする方法【詳細を見る】

あなたは、いままでに自分が内向型であることを、人に言ったことがあります。おそらく、ほとんどの人がないはずです。

もしも「私は内向型なんです」などと言おうものなら、人から白い眼で見られてしまうと思っているでしょう。

しかし、それは「内向型が悪い性格だ」と思い込んでいたときの話です。

「内向型は決して悪くはないんだ」を理解しているかもしれません。

「そうは言っても、『内向型が悪くない』と思っているのは自分だけかもしれないし、『まわりの人が内向型の性格に偏見をもっていたら』と考えると、やっぱり言うのは怖い」それでも躊躇している人は、こんな心配をしているのかもしれません。

しかし、「本当の自分」を周りに伝えることで得ることもたくさんあります。例えば、伝えることで以下の変化があったりします。
●まわりの人たちが親しげに話しかけてくれるようになった
●自分の性格がバレないようにと、おどおどすることがなくなった
●自分の意見を言えるようになってきた
●人付き合いのストレスが激減した

自分の性格をストレートに伝えた方が伝わりますし、あれこれたくさん話す必要はありません。

「私は、人前に出ると、すぐにあがってしまうんです」
「緊張するので、あまり注目しないでください」
「何時間でもしゃべらないでいられます」

このように、自分のことを端的に伝えて見れば良いのです。

これまで避けていた言葉を自分から言い出したあなたを見て、相手も最初は驚くかもしれません。しかし、すぐに理解してくれるでしょう。言葉に気を使わなくてよくなったことが伝わって、安心してくれることでしょう。

ぜひ、自分をされけ出して見てください。案外、スッキリしている自分に気づくでしょう。
(引用:「内向型の自分を変えたいと思ったら読む本」)









天職の実現にはコントロールの二分法が大事【詳細を見る】前のページ

「今日から使える」知識の生かし方【詳細を見る】次のページ

関連記事

  1. 内向型の生き方戦略

    【人間関係が苦手な自衛官】内向的な人の生き方

    自衛隊に勤務する中で、人間関係が非常に苦手と考える自衛官は意外と少な…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP