【自衛官の転職】パートタイムから正社員の会社へ転職活動

下記は「転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣」からの抜粋です。

40代の女性です。ゼネコンで建築事務の仕事をしていました。平日の9時から15時までのパートタイムで時給は同時の最低賃金でした。子どもだんだん手がかからなくなってきたため、できれば残業がない仕事で正社員の仕事を希望してました。

シングルマザーでしたので、一度仕事を辞めてから次を探すという選択肢はありませんでした。なんとかうまくやって、途切れなく仕事がしたいというように考えていました。

求人検索はネットや折り込みチラシ、無料で配布されている求人雑誌などあらゆるところにアンテナははって、なるべく通いやすい場所で正社員の仕事を、仕事を継続しながら探していました。

本来でしたら、次の仕事の目途が立ってから職場に退職の話をして、次が決まっている旨をはなして退職という筋書きを頭で描いていましたが見事にそれは打ち砕かれました。

同じ社内に複数いたパートの女性(皆既婚者で年上)が、私が昼休みに会社の裏で求人について問い合わせているのを聞きつけて、探りを入れてきたのです。うまくごまかそうしましたが、こういう時の女性の勘の鋭さといったら太刀打ちできるものではなく、転職するつもりで仕事を探しているという事をついに一人の女性にはなしてしまったのです。

円満に辞めたいからお願いだから次の仕事が決まるまで口外しないで欲しいという気持ちを伝え、快諾してくれたのですが、女性のおしゃべりは簡単に止まるものではありません。

今思えばこの時に女性にデパ地下のお菓子でも差し入れをして、強く口止めを念押ししておけばよかったと後悔しています。

2、3日もたたないうちに部署の上司から「仕事辞めるって聞いたけど」と声をかけられて、ずっと長くいて欲しいという気持ちは会社としてあるが、パートタイムは仕事の物量の少なさからして変えてあげる事はできないので、正社員で他を探すのらこちらも新しい人を入れて引き継ぎをしたいのでそういうことでいいか、という事を確認されました。

仕方なくその通りですと答え、本来ならばこちらからお話をするべきところをすみませんと謝りほどなくしてハローワークに私の後任者んも求人が出される事になりました。新しい人がいつ入るのかは全くわからないし、私の新しい仕事探しも難航し気持ちばかり焦って空回りする日々が続きました。

そして2週間ほどたって、私の後任が決まっったという事を聞かされ、引き継ぎ期間を2週間程度設けるからということで、カレンダーを眺めてじゃあ月末までという感じで総務に話すけどいいかなと言われました。

そんな中、駅前の某ハウスメーカーの前を通りすぎた時社屋の扉に求人募集の張り紙を見つけました。「正社員募集、未経験可」仕事内容は事務・インテリアプラン補助・その他雑務と書かれていました。

確かにそれ以上は引っ張れない事は感じていました。でも、あと2週間で仕事がなくなってしまう事に焦りました。それからは、3時までは会社で後任者に仕事の引き継ぎをして、その足で自宅に帰らずに転職活動をする日々でした。当時の自分の焦りから、どこでもいいから仕事を探さなくてはと血眼になっていたんだと思います。


転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣

【転職したい自衛官の思考】数字は銭勘定のことではない前のページ

【転職したい自衛官の思考】何事も「最高のアウトプット」をイメージしてから動く次のページ

関連記事

  1. 転職の失敗談

    公務員である自衛隊を辞められない時の退職代行サービスのススメ

    自衛隊を辞める、退職するなどを上司に伝える時、非常に勇気が…

  2. 転職の失敗談

    小売店から自動車関係の製造業現場に転職

    「転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣」からの抜粋小売店…

  3. 転職の失敗談

    公務員から民間に転職して失敗や後悔する人の思い込みな考えとは?(詳細を見る)

    公務員は安定だが、単調で成長出来なく、仕事もつまらない。だから、も…

  4. 転職の失敗談

    【自衛官の転職】将来性に不安を感じ、スナックへ転職

    「転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣」からの抜粋将来性に不安…

  5. 転職の失敗談

    【まとめ】現役自衛官の転職活動や再就職活動で禁止(規制)されている事項

    「自衛隊からの転職」とGoogleで検索すると、「自衛官 転職活動…

  6. 転職の失敗談

    【自衛官の転職】工場勤務から移動式販売に転職

    下記は「転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣」からの抜粋です。…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP