コロナ禍で副業や資格取得を検討する人が急増、副業の希望月収は平均8.4万円

今の時代、いつ“コロナ不況”の煽りを食らうかわからない。倒産する企業が相次ぎ、失業者が増えていると報じられているが、明日は我が身……。万が一、職や仕事を失った時の保険として、副業や資格取得を考えている人も少なくないだろう。


そんな副業と資格取得に関する意識調査がこのほど、YMCメディカルトレーナーズスクールにより、20歳~49歳の一都三県に在住する男女600名を対象にして実施された。


半数以上の方が副業をしてみたいと回答
副業をしてみたいと思うかを聞いたところ、全体では「そう思う」が19.7%、「ややそう思う」が35.8%と半数以上が副業をしてみたいと回答していることがわかった。


続きはこちら
コロナ禍で副業や資格取得を検討する人が急増、副業の希望月収は平均8.4万円【DIME】


「ふるさと創生職員」で「公務員ユーチューバー」の原田翔さん前のページ

【不祥事】強制わいせつの容疑で岐阜基地の自衛官(徳浦航)に停職5カ月(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 11.気になる記事

    防衛大の等松春夫教授が学内のコロナ不祥事を直訴!防衛相に”告発状”。

    11月7日、防衛大の学生の新型コロナ感染が判明した。全寮制である防衛…

  2. 11.気になる記事

    転職で後悔しないために押さえておくべき「3要素」とは何か

    キャリアコンサルタントが候補者との面談でしっかり押さえるべきポイント…

  3. 11.気になる記事

    転職ではキャリアやスキル以上に大切なものがある

    今回は人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援業などを行…

  4. 11.気になる記事

    【その経歴は?!】豊川駐屯地、矢野秀樹新司令(1等陸佐)着任式で観閲行進 

    愛知県豊川市の陸上自衛隊豊川駐屯地で25日、新たに着任した矢野秀樹司…

  5. 11.気になる記事

    【注目】『金儲けのレシピ』の著者、事業家botが「金儲けのノウハウ」を惜しみなく紹介

    どうすれば収入は増えるのか。東大在学中に起業し、現在年商10億円の企…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP