【転職したい幹部自衛官の思考】のぼりつめる男が面会のアポイントをとるときは?

下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男」から一部を抜粋したものである。

のぼりつめる男が面会のアポイントをとるときは?

のぼりつめる男は、「こちらの希望日を3つお伝えします」

課長どまりの男は、「ご希望の日時をお知らせください」

〜ファーストアプローチに、さっそく分かれ道がある〜

のぼりつめていく人と、そうでない人。

「この人、さすがだな」「できるな」と思わずうなってしまう人は、ファーストアプローチから違います。

「アポイントをとる」・・・誰もが行う、ビジネスシーンでは日常的な場面で、さっそく、「おっ」と思わせるか、「あれれ?」と感じさせてしまうか。そこにも一つの分かれ道があると私は思っています。

メールで、ときには電話の時もあるかもしれませんが、アポをとろうとするとき、あなたはどう伝えますか。

A「希望日の日時をお知らせください」
B「○月○日○時、✖️月✖️日✖️時のいずれかではいかがでしょうか」

さて、あなたはいつもどちらで、アポイントを取り付けているでしょうか。答えは・・・アポとりのメールのやりとりで、もっとも非効率なNGパターンは、

A「希望日の日時をお知らせください」です。

「本来、最低限何度もやりとりで済むことなのか」を考える。これは、その後のやりとりを想像すれば、すぐに納得いただけるでしょう。

あなた「希望の日時をお知らせください」
相手は「では○月○日○時、✖️月✖️日✖️時のいずれかではいかがでしょうか」

あなた「大変申し訳ございません。いずれも埋まっておりました。その次の週ではいかがでしょうか。」

相手は「では○月○日○時、✖️月✖️日✖️時のいずれかではいかがでしょうか」
あなた「○月○日○時でお願いいたします。」

きっと、このようになる事でしょうか。しかし、ながら、この5回のやりとりは、本来、2回で終わらせる事ができるものなのです。

あなた「当方の希望候補びは以下の通りですが、ご都合いかがでしょうか。○月○日○時、✖️月✖️日✖️時」
相手「では「✖️月✖️日✖️時」でお願いいたします。

前者のパターンでは、「ご希望をお知らせください」と、相手を尊重したつもりでいて、結果的に相手に余分な手間をかけている事になります。これは例えるなら、自分の「カード」は出さないまま、相手の「カード」を出させている状態です。

相手に手帳をめぐらせ、複数案を出させた上に、さらにそれが都合が合わないとなると、その同じ手間を2度と取らせる事になります。


カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

【転職したい自衛官の思考】「ノウハウ」とは「時間の使い方」だ前のページ

幹部自衛官であるうちに徹底的にリーダーシップを学べ次のページ

関連記事

  1. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【転職したい自衛官の思考】移動時間の有効活用

    のぼりつめる男は移動時間を有効活用する。それを「カリスマヘッドハンタ…

  2. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【転職したい自衛官の思考】初めて会う相手、どう情報収集する?

    下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男」…

  3. のぼりつめる男 課長どまりの男

    自分の”存在感”を発揮する賢い方法
    【詳細を見る】

    自分の”存在感”を発揮する賢い方法を「いい仕事をする人は、いい言葉を…

  4. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【幹部自衛官の思考】登りつめる男の辞書に「遅れる」の文字はない

    下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男…

  5. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【転職したい幹部自衛官の思考】初訪問の営業先に早く着いたら?

    下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男」…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP