〜遅れている教育のデジタル化(エドテック導入)〜政府の課題〜
[詳細はこちら]

教育の中にITテクノロジーを導入する動きが海外では盛んであるが、日本はそれが遅れているとのこと。

その理由の一つが、生徒においてデジタル端末をインターネット接続をするインターネット環境が十分に整っていないというのがある。

しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響もあり、遅れていた教育がようやく進み始めている。ただし、学校におけるICT環境の整備状況は全国均一でなく、地域ごとに大きな差がある。

日本政府も教育のデジタル化の遅れに危機感を持っており、2020年度から施行されている新学習指導要領では情報活用能力の育成が重要視され、教育の現場でのデジタルテクノロジーの活用やプログラミング教育の必修化が進められている。

このような動きがある中、さらなる教育のデジタル化を加速させていくかが今後の課題である。

1.動画サイトから老後の課題を知る

動画サイトから教育の課題しろう!

【教育×テクノロジー】 「学びを止めない」立ち上がるEdTechの思い

[FNNプライムオンライン]
休校が続く子どもたちを、最新技術がサポートする。教育現場と子どもたちへの支援に立ち上がる、教育ベンチャーの思いとは。


==============================


【JETRO】シリーズ「今こそEdTech」 英国で見た! 世界の最先端教育…

[世界は今 -JETRO Global Eye]
今、教育とテクノロジーを掛け合わせた「EdTech(エドテック)」が注目されている。教育の現場でICTの導入が進む英国。ロンドンのある公立小学校では生徒同士、また、教師がノートパソコンと電子黒板で課題を共有、確認するといったクラウドサービスを活用した授業風景が見られる。そのロンドンで行われた世界最大級のEdTechの展示会「BETT2020」には、教育分野のさまざまな製品やサービスが集まった。その一つが、プログラミング教材。デンマークの大手おもちゃ関連企業や中国・深センのスタートアップが、楽しみながら学べる教材を競った。日本からは、プログラミングの世界大会の参加者を募る出展者も。教育を巡る最先端の動きを現地で取材した。


==============================


【マネーキャンプ⑫】エドテックって知ってる?投資家目線で未来の学びを予測しよう!

[お金のまなびば!]
キャンプ場でお金について様々なテーマで語らう「マネーキャンプ 金融リテラシーをあげる集い」で藤野さんから学ぶシリーズ12回目です。今回のテーマは「未来の学び」。最先端の授業を牽引するエドテックとは?教育現場を変える新サービスや今後期待されている技術について、投資家藤野さんと見てみましょう!

2.WEBサイトから教育のデジタル化を知る

【EdTech(エドテック)とは|なぜ注目されている?具体的なサービスは?】
体調により通学できない子どもも、離島や遠隔地などで学校や塾へ行けない子どもも、自然災害をはじめとした突発的な環境の変化があっても「子どもの学びを止めない」未来の教室を実現しようとしているのが、まさにEdTech教育×テクノロジーによるイノベーション(変革)

(引用:コエテコbyGMO



==============================


【「エドテック」は教育現場をどう変革する?国内の注目サービスも紹介】
「フィンテック」「アグリテック」など、既存産業にICT技術を掛け合わせて新たな価値を創出するX-Tech。教育分野でも、テクノロジーで変革を試みる「エドテック」ビジネスが登場しています。教育現場におけるIT化の遅れは各所からたびたび指摘されてきましたが、エドテックはそうした現状に、どう切り込もうとしているのでしょうか。国内の注目サービスもチェックしながら解説します。

(引用:Morebiz



==============================


【エドテック活用で期待される学習効果と教育現場に求められること】
ここ数年、教育現場で注目が高まりつつあるエドテックの活用。しかし、具体的にエドテックとは何を指して教育にどのようなメリットや効果をもたらすのでしょうか。


(引用:日本教育新聞)



3.本から教育のデジタル化を知る

【EdTechが変える教育の未来】
この本を通じて、みなさんにお伝えしたいメッセージは2つです。ひとつは、エドテックが持つ未来の可能性や多様な学びの選択肢を知ってほしい、ということです。エドテックの世界を知ることで、「今の学びってこんなに効率的で楽しく取り組めるんだ! 」とこれまでの常識を見直す機会になるのではと思います。もうひとつは、誰でも手軽に使えるようになったテクノロジーを使って、皆さんの 周囲にイノベーションを起こしましょう、ということです。イノベーションといっても大仰なものではなく、身近なことを便利にしたり、課題を解決したりすることを指します。きっと、こんなに簡単なことなのかとワクワクすることでしょう。

(詳細はこちら


==============================


【教育DXで「未来の教室」をつくろう】
これから子どもたちが生きていく社会で求められる力を育てるために、どんな教育を実現していくべきか?  各国の教育改革やOECDが発表しているこれからの教育を見据えつつ、経産省が関わりさまざまな学校で始まった試行錯誤の実践事例も紹介し、実現可能な「未来の教室」のありようを可視化する!

(詳細はこちら


==============================


【Appleのデジタル教育】
本書では、Apple教育部門初代バイスプレジデントの著者がハーバード大学特別研究員のジェイソン・タウンとともに、子供たちを未来に導くデジタル教育とその先進事例を紹介。

(詳細はこちら



〜老後の生活不安(お金の問題)〜個人の課題<br>[詳細はこちら]前のページ

〜世界で最も高齢化が進む日本〜日本政府の課題<br>[詳細はこちら]次のページ

関連記事

  1. 9.その他

    (2)ストレスの軽減・排除
    方法はこちら

    夢を実現をする中で、様々な困難にぶつかり、重度のストレスに悩むこともあ…

  2. 9.その他

    2035年会社から正社員が消える?「働き方の未来2035」
    (詳細を見る)

    厚生労働省が2016年8月に公開した「働き方の未来2035」は、2…

  3. 9.その他

    【急増】自衛官など最近増えている公務員の退職代行とは

    最近、自衛官や公務員の転職、退職希望者が増えていると聞き…

  4. 9.その他

    ここが辛いよ社畜のポイントとは?
    (詳細を見る)

    社畜とは社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を…

  5. 9.その他

    【障害者の自衛隊転職】就職活動において知っておくべき事項や雇用の探し方

    障害者雇用と一般雇用の違い障害者の肩が働く方法の一つとして、障害者…

【やりたいことの発見(使命発見)】

1.日本の課題発見


2.注目の事業(ビジネス)


3.憧れの人を見つける(注目のビジネスマン)

【やるきるスキルの取得】

1.ビジネス思考(テクニック)


2.ビジネスツール(サービス)


3.パーソナルブランディングの方法


4.チャレンジする環境の紹介


【やり尽くす強靭メンタル】

  1. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】イシューからはじめよう〜知的生産のシンプルな本質〜(著者:安宅和人)
  2. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】アンチサラリーマン戦略〜就職・転職・独立前〜(著者:黒岩卓真)
  3. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】チラシの教科書〜わかる!できる!売れる!(著者:中山マコト)
  4. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】セールスコピー大全〜コトバの作り方(著者:大橋一慶)
  5. (4)夢実現の衆智となる本

    【目次】説明組み立て図鑑〜あたはめるだけですぐ伝わる〜(著者:大塚壮志)
PAGE TOP