【転職相談】陸上自衛隊 幹部・男性自衛官のケース

現在、陸上自衛隊の入校中の3等陸尉です。

これは自衛隊に入る前からなのですが、私は周りの人とまったく馴染めません。仲が悪いわけではないのですが、こちらから話しかけられないのです。喋れないので情報を集めることもできず、何かを教わるのも一苦労です。また、戦術でも戦技でも、教わったことがさっぱり頭に入ってきません。

部隊でも、部下や上司とコミュニケーションを取ることが出来ず、これから自分の小隊を持つことになると思うと、能力的にも人間関係的にも恐ろしくてたまりません。

こういった自分の能力の低さ・自信の無さから自衛隊を辞めたいのですが、理由から考えて、辞めて他のところで働いていけるとも思えません。こんな後ろ向きな考えで、転職なんて出来るのでしょうか?

【転職相談】海上自衛隊 2等海士・男性自衛官のケース前のページ

【気になる経歴】福井地方協力本部・本部長 1等海佐 東良子次のページ

関連記事

  1. 自衛官の転職相談

    【転職相談】海上自衛隊 2等海士・男性自衛官のケース

    記は、大卒24歳の海上自衛隊 2等海士をの転職相談です。海上自…

  2. 自衛官の転職相談

    【自衛官の転職相談】航空自衛隊 空士 男性のケース

    ■相談事例1初めまして、こんにちわ。現在航空自衛隊で勤務しています…

  3. 自衛官の転職相談

    【転職相談】航空自衛隊 幹部・男性自衛官のケース

    はじめまして。航空自衛隊で幹部をしている鈴木(仮名)と申します。幹部…

  4. 自衛官の転職相談

    【転職相談事例】陸上自衛官隊 陸曹・女性のケース

    めまして。現在、退職を考えている陸上自衛官(20代・女性)です。退職…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP