【転職に必要な自衛官の思考】ひと手間かけて、チャンスの扉を開く

下記は「冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)」からの抜粋です。


「失敗が怖い」。新しい一歩を踏み出すときにそう感じるのは、ごく自然なことです。せっかく挑戦しても、それがうまくいかなかったら、「次も失敗するかも・・・・」と消極的な気持ちになるのも当たり前です。

でも、こんなふうに考えてみたらいかがでしょうか。挑戦の分母を増やすのです。たとえば1回挑戦して失敗に終わったら、失敗率は1分の1。これでは凹んでしまいます。しかし、そこで挑戦を5回、10回と増やしていきます。

5回挑戦して2回うまく行けば、失敗率は5分の3と下がります。さらに挑戦の分母を増やして行けば、そのうちに一度や二度の失敗など気にならなくなります。

今でこそ人前でお話をする仕事をさせていただいている私ですが、最初から話すことが得意だったわけではありません。数年前までは、マイクを持つ手が震え、声はうわずり、途中で真っ白になってしまうこともしばしばでした。

苦い思い出もあります。つい数年前のことです。とあるプレゼンで壇上に立った瞬間、あまりの緊張に、それまでなんども頭の中でシュミレーションしていた話の流れや言葉が一気に吹っ飛びました。

心臓が高鳴り、口はカラカラ。頭は真っ白。全身からいな〜な汗が流れ、あー、うーという言葉を発するのがやっとでした。結局、与えられた時間内に話を収めることができず、途中でタイムアウトしました。

あまりの恥ずかしさに「すみません」と一言つぶやき「穴があったら入りたいとはこのことだ」と痛感しながら自分の席に戻りました。

人生最悪とも思える失敗体験を経て、私は「うまく話せるようになりたい」と心から思いました。それから、話が上手と言われるビジネスパーソンのセミナーCDを繰り返し聴いて独特のテンポをつかんだり、ボイストレーナーの先生のもとに3ヶ月ほど通い、発生と話し方を訓練をしたりしました。

また、一間に出て話すチャンスがあれば、1時間で5000円という(相場からしたらかなり安い)ギャラであってもセミナー講師を受けたり、無報酬で知人のイベントの司会を買って出たりと、人前で話す機会を増やして、とにかく挑戦の分母を増やしたのです。

こうした甲斐があって、何度も恥をかきながらも、次第に「安藤さんは話すのが上手ですね。緊張しないのですか」と褒めていただけるようになりました。

「できない理由」で頭をいっぱいにするくらいなら、挑戦の分母を増やしていきましょう。たった一度きりの失敗で何かを結論づけてしまうのはあまりにももったいないです。中長期的な視点を持って、何度も何度も挑戦を重ねていくことです。

冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

【自衛官】天職を見つけるには、まず自分自身を知ること前のページ

【幹部自衛官の思考】登りつめる男の辞書に「遅れる」の文字はない次のページ

関連記事

  1. 自分の仕事をつくる方法

    会社に捨てられるくらいなら「稼げる自分」になるしかない
    (詳細を見る)

    以下は、「秒速で1億円稼ぐ条件」から紹介する一文である。日本…

  2. 自分の仕事をつくる方法

    転職したばかりの社内での提案の注意点
    【詳細を見る】

    転職したばかりの社内での提案の注意点について、「どんな会社でも結果を…

  3. 自分の仕事をつくる方法

    幹部自衛官であるうちに徹底的にリーダーシップを学べ

    若い頃から多くの部下をもち、リーダーシップを実践で学ぶことができる、そ…

  4. 自分の仕事をつくる方法

    【転職したい自衛官の思考】冒険に出よう〜安藤美冬〜

    ノマドワーカーの元祖〜安藤美冬〜フリーランサー、ライター、コメ…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP