【転職したい自衛官の思考】移動時間の有効活用

のぼりつめる男は移動時間を有効活用する。それを「カリスマヘッドハンターが教えるのぼりつめる男、課長どまりの男」の言葉を借りて紹介する。

「何をすると一番効率的か」を知っているかどうか

新幹線で出張へ。さて、移動中、あなたは何をして過ごしていますでしょうか。

とりあえずスマホでメールやSNSのメッセージをチェックしたり、目にとまったニュースや記事を読んだり、ときどきウトウトしたりしている間に目的地に着く・・・そんな感じの方も多いのではないでしょうか。

新幹線移動の数時間に何をすべきなのか。はっきり言えば、「これをするべき!」というもはありません。ただ、のぼりつめている人たちは、ないゆきまかせの時間の使い方はしません。それどころか、「新幹線ではいつもこれをする」という、「新幹線ルーティーン」があります。

それは人によってさまざまなです。あるエグゼティブの方は、「狭い場所でノートPCを開いて仕事しようとしてもストレスを感じるだけで、それほど効率は上がらない。だから休息時間にあてると決めている」と言います。

スマホをときどきいじりつつ目を閉じて「到着後のパフォーマンスを最大化するための、リラックスする時間」というねらいももって、新幹線での時間を過ごしているそうです。

時間あたりの生産性がもっとも高まる時間の使い方をしている

事務処理にあてるメリットは時間に制限があること。「○時○分には目的地に着く」とお尻の時間が決まっていると、「それまでに終えなければ」という意識が働きますし、「も名古屋か、少しペースを上げよう」などと、作業のペース管理がしやすいためです。

ノートPCでのメールチェック・返信、事務手続きをはじめ、「新聞記事のスクラップ」も、新幹線のルーティンにしている人もいます。

忙しくと読めていない日経新聞を1〜2週間分、ばさっと紙袋に入れて新幹線に乗り込みます。読みながら、仕事に活用できる記事やきになる記事を切り抜いたら、クリアファイルに入れていく。そんな作業をして、最終的には出張先で新聞を処分して帰るのです。

一方で、お客様からいただいた課題や要望に対する解決策を考えたり、講演で話す内容を組み立てたり、原稿を書いたりなど、「右脳」を使うような仕事は、移動中ではなく、自宅で行ったりします。

朝は睡眠をとった直後なので頭が冴えていて、じゃまが入らずに集中できrので、早朝に行ったりします。

高いパフォーマンスを上げている人は、同じあることをやろうとする時、それを「いつ」「どこで」「どんなふうに(机に向かってなのか、歩きながらなのか)」行うことが、もっともパフォーマンスが高いか知っています。

もっとも生産性が上がるのは、オフィスで行う時なのか、それとも、いつものカフェのお気に入りの席で行う方がいいのか、はたまた、歩きながらなのか・・・・といったように、「パフォーマンスが高い方法を柔軟に組み合わせる」ということに徹底しているのです。

そうして時間あたりの生産性を上げて、自由になる時間を生み出せば、人に会ったり新しい企画のアイデアを考えたりと、よりクリエイティブな仕事に取り組むことができるというわけです。


カリスマヘッドハンターが教えるのぼりつめる男、課長どまりの男

関連記事

  1. 【転職したい自衛官の思考】初めて会う相手、どう情報収集する?

  2. 【幹部自衛官の思考】登りつめる男の辞書に「遅れる」の文字はない

  3. 【転職したい幹部自衛官の思考】初訪問の営業先に早く着いたら?

  4. 【転職したい幹部自衛官の思考】のぼりつめる男が面会のアポイントをとると…

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。