【転職したい自衛官の思考】グーグルが最高のプレスト相手

下記は「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール」の一部を抜粋したものです。

情報はできるだけオープンにしたほうがいいが、まず核となる知識がなければ、誰かから一方的に与えてもらうだけの「くれくれ」状態になってしまいます。

わからないことはまずはググる。これがすベての基本です。そうして調べたものは、積極的にオープンにする。この順番を間違えてはいけないのです。

グーグルが登場したのは、1999年頃のことです、検索の主流がディレクトリ型からロボット型に切り替わるタイミングでした。

何よりも衝撃を受けたのは、検索結果が表示されるまでの速さです。例えば「尾原和啓」でググると、「約30800件」ヒットして「0.33秒」かかったと表示されますが、これを1秒切るか切らないかというのが大きな問題でした。

結果が表示されるまで1秒を切ってくると、思考を途切れさせないからです。思いつくまま入力して、どんどん検索すると、ポンポンポンとラリーのように返ってきます。そうなると、検索エンジンがブレスト相手になるのです。

結果が表示されるまでに1秒以上かかると、そこで思考が途切れます。ディレクトリ型のように、結果にたどり着くまで何クリックもしなければならないようでは、探すこと自体が目的になってしまって、考えが深まりません。このスピードは致命的でした。

検索エンジンとしては最も後発といってもいいグーグルが、先行するサービスのほとんどを葬り去ったのは、「ページランク」という独自のアルゴリズムで、価値あるウェブサイトにヒットする率が異様に高かったから、と言うのが主な理由です。

しかし、結果表示のスピードが抜群に速く、検索があたかも対話のように利用できるようになったから、というのも大きかったと思います。

ブレスト相手としてのグーグルは、どんどん進化し続けています。ここでは、ぼくなりの情報収集の方法もお伝えいたします。

検索キーワードを探す基本動作はグーグル検索ですが、新着コンテンツを中心に見て回るときは、グーグルアラートが便利です。自分の検索キーワードを登録しておけば、毎日、関連ニュースをメールで知らせてくれます。

社会人になってからの習慣としてずっとやっていたのは、出会った人のうち、これぞという人の名前を全部登録しておくことです。

当時はまだグーグルアラートはなかったので、日本経済新聞の記事検索サービス「日経テレコン」を使っていましたが、登録済みの名前が記事に出ると、毎日メールで知らせてくれるのです。

本人に会ったときに「あの記事よかったですね」と言えば相手の方にも喜んでいただけるし、「あんな小さな記事に気づくとは、尾原は新聞を隅々まで読んでいるんだな」と、いい意味で誤解してもらえます。

「日経テレコン」は主要メディアだけが対象ですが、グーグルアラートはブログを含めたほとんどのメディアが対象なので、営業の人は取引先を、広報の人は自社の社員の名前を登録しておけば、強力な武器になるはずです。

また、自分が関心をもつキーワードが、いつ・どこで・どのくらい検索されているかは、グーグルトレンドで調べることができます。

検索回数の多さは、ニーズの強さを意味します。ということは、それがビジネスに繋がる可能性が高いのです。

さらに、自分でもそのワードについてブログやSNSで情報発信していた場合、自分の書き込みが検索結果の何位に表示されるかで、同じ関心をもつ競合の多さや、自分の立ち位置をつかむことができます。

そのワードで関する検索上位を狙うか、あるいはニッチなワードを見つけて、そこで一人勝ちを目指すのか。そのキーワードがもつ市場価値を知ることで、いろ色な手を打つことができます。

最近は、マーケティングや組織論、意思決定に影響を与える心理的バイアスなど、ビジネス関連の論文がすごく増えているので、検索によって非常に多くの知識を得ることができます。

このようにグーグル検索は最高のブレスト相手になります。

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール

関連記事

  1. 【転職したい自衛官の思考】「どこでも誰とでも働ける」には

  2. 【転職したい自衛官の思考】自分からギブすることがインターネット時代の大…

  3. 【転職したい自衛官の思考】知識は常にオープンが良い

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。