【転職したい公務員へ】AIにより公務員の仕事が消滅する?!

人口知能・ロボットの進化により、公務員の仕事が消滅するのか?!「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」から一部を紹介します。

日本の労働事項の「49%」が人工知能(AI)やロボット等で代替可能になる・・・・・2015年、株式会社野村総合研究所が、英オックスフォード大学との共同研究により、日本国内601種類の職業について、分析し、このようなショッキングな研究結果を発表し話題となりました。

その中には、AIやロボット等に代替可能性が高い100種の職業がピックアップされており、国や自治体の行政事務員も含まれています。現在の自治体の諸語とは、10年後、20年後にもあるとは限らないのです。

実証実験がものがたる提携業務自動化の数々!

今後、AIやロボット、ITは急速に発達し、自治体における定型業務がなくなっていくことは確実です。例えば、富士通株式会社、国立大学法人九州大学などは、AIを用いて最適な保育所の割り当てを自動的に算出する技術を開発しました。

この技術は、さいたま市で活用され、複数の職員が50時間かけて対応していた、約8000人の利用者のきめ細かな保育所の割り当てを、わずか数秒で算出したことで話題となりました。

茨城県つくば市では、NTTデータなど3社と協力して、住民税関係データの移行など単純作業の自動化に向けた共同研究を進め、業務の効率化を進めています。

経済産業省では、国会答弁の作成を含む行政事務における人口知能活用を研究していますし。三菱総合研究所では、全国30以上の自治体において、AIが市民からの問い合わせに対応する実証実験を進めています。

世界に目を向けると、韓国では政府のシステムを活用して、国民がどこからでも24時間365日、各種証明書の発行ができ、行政業務の大幅な削減と国民の利便性の向上が図られています。

AIやITを活用して国家を挙げた取り組みを進めているのが北欧の小国エストニアです。エストニアでは、15歳以上の全ての国民が電子IDカードを持つことを義務付けられ、ほぼすべての行政手続をオンラインで済ませることが可能です。

2014年には海外からの投資や企業誘致等を促進するための電子居住権制度が導入され、国外に住みながらでもエストニアの電子政府システムを活用した経済活動が可能となったほか、会社の設立・登記に関する手続きを最短で18分でできると話題になりました。

このように、AIやロボット、ITの進化に加え、国家プロジェクトや、ビックデータやオープンデータを活用した新しい行政サービスも生まれています。これからは行政が持つ情報やデータは行政だけのものではなく、市民や事業者に提供されるのが当然になり、これを活用した新しい公共サービスが生まれてくる時代となります。

AI・ITに負けない公務員の仕事とは何か

では、これからの公務員は、AIやロボットに仕事を奪われ、その役割を失ってしまうのでしょうか?私の答えは半分「YES」、半分「NO」です。

AIやITを活用すれば、どんどん仕事が効率化され、自治体に必要な職員数は大きく減少するでしょう。同時に、人間しかできない業務や、AIと人が連携すれば一層効果的に進められる業務に、公務員がこれまで以上に注力して、引き続き市民生活の向上や社会の発展に貢献することは、これからも十分できるはずです。

前述した野村総研とオックスフォード大学の共同研究でも「創造性、協調性が必要な業務や、非定型の業務は、将来に置いても人が担う」とされ、「他者との強調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等で代替は難しい傾向があります」と述べられています。

生駒市には、市民によるイベントにどんどん顔を出し、本音を聞き出したり、広報などで活動を支援しながら大きな信頼を得ている職員がいます。

単に市民のニーズを聞き出すだけでなく、逆に市民にいろいろとお願いをして、汗を書いてもらいながら、より魅力的なまち作りに努めています。

このように、公務員がこれからの時代に生き残っていくには、人間にしかできない仕事に特化し、現場に入り、専門性に磨きをかけることが不可欠です。

定型的ではない課題を常に設定し、他者とコミュニケーションをとりながら、創造的なアウトプットを生み出す仕事とは何かを考え、具体的に動いて行かざるを得なくなるのです。


10年で激変する! 「公務員の未来」予想図

関連記事

  1. 公務員を退職しても食べていける専門性

  2. 【公務員】「行政にしかできない業務」とは何か

  3. 公務員は人気のない職業になってしまうのか?!

  4. 【公務員】終身雇用や年功序列はまもなく崩壊

  5. 【対策が必須】少子化高齢化・人口現象の中、公務員数は一気に減少

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。