【自衛官の退職】一つの仕事だけど良い時代の終わり

「一つの会社、一つの仕事だけでいい時代は終わった」という人もいます。自衛官を退職するメリットの一つとして、民間に出ることで複業を意識することができるようになります。複業のメリットは何か「複業の教科書」の言葉を借りて紹介する。

「複数の会社から給料をもらいたいと思いますか

こんな質問をされると、ちょっと考えた後に、ほとんどの人が「はい」と答えると思います。

もっとお金が欲しい。

それは、誰もが当たり前に思うことです。今までは、一つの会社では真面目に働きさえすれば、いつかそれなりの給料をもらうことができる、というのが当たり前でした。

あるいは、今の会社に不満があるなら、もっと条件のいい会社に転職すればよかったのです。しかし、今は同じ会社でそのまま働き続けても、あるいは転職や起業をしても、給料が上がるのか不透明な時代になりました。

そこで、本業を続けたままお小遣い稼ぎができる副業、あるいは新しく稼ぐ力を身に着ける「複業」が注目され始めています。

そして、まさに今、企業も政府も「副業解禁」へと大きく舵を切ろうとしています。

2016年の「ロートショック」で副業解禁が加速

かつて日本企業のほとんどが、従業員の働き方のルールを定める「就業規則」の中で、「副業禁止」を明記していました。

働く側の個人も、「就職したら、その会社に尽くすのが仁義というものでしょう」という価値観を長らく共有してきました。一社一生。そんな価値観が世の中全体でよしとされてきたわけです。

比較的早くから導入していたのは、サイボウズやヤフー、ソフトバンクといったIT系の企業。特にサイボウズの青野慶久社長は、複業によって社員一人ひとりが豊かなインプットを得られる利点や、柔軟な働き方によって優秀な人材を集められる成長戦略としての利点を自社メディア「サイボウズ式」や、SNSなどで積極的に発信し、世論を盛り上げてきました。

しかし、この段階では、まだ「副業解禁、なんて一部のIT系の企業だけの話でしょ」という冷ややかな目線を送る人が多数派でした。

風向きが大きく変わったのが、2016年6月。東証一部に上場している製薬会社大手のロート製薬が「副業解禁」を発表したのです。

それまで副業解禁を「対岸の火事」と遠目から見ていた企業はざわつき始めました。その後、業種をどんどん広げる形で、副業解禁を発表する企業は続き、ついに国家公務員の副業を認める方針を検討していることが2018年6月に明らかになりました。


複業の教科書

【転職したい自衛官の思考】移動時間の有効活用前のページ

【防衛大出身の会社役員】日産自動車 執行役副COO 関潤氏次のページ

関連記事

  1. パーソナルブランディング

    【自衛官の転職】パーソナルブランディングとは

    民間で市場価値を高めて行くためには、パーソナルブランディングが欠かせ…

  2. 複業の教科書

    個人ブランドを生かした「サラリーマン複業」のやり方
    (詳細を見る)

    以下は、「転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方」から紹介す…

  3. パーソナルブランディング

    24時間稼働するあなたの営業マン。パーソナルウェブサイト。
    (詳細を見る)

    以下は、「パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブラン…

  4. 30代を後悔しない方法

    【転職したい自衛官の人生戦略】人生逆転のアクション

    自衛官からの人生戦略を「30歳からの人生戦略」の言葉を借りて紹介しま…

  5. 複業の教科書

    「複業」を始めよう!会社に支配されない生き方を選択
    (詳細を見る)

    以下は、「マルチプル・ワーカー 「複業」の時代:働き方の新たな選択肢…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP