【自衛官の起業思考】良い商品を作るために、商品のことは考えない

自衛官から起業家になるための思考を「リクルート「創刊男」の大ヒット発想術 (日経ビジネス人文庫)」を借りて紹介します。

【たとえば来年の年賀状をどんなものにするのか】

何をひきあいに出しても心構えは同じです。段取りも同じです。であれば身近なちょっとしたアイディア出しの例の方がわかりやすいと思います。たとえば年賀状です。来年のものをどんなものにするのか。

文字は?絵柄は?人によって変えるのか、同じか。自分で作るにせよ、町の印刷屋さんに頼むにせよ、いくつか案を出さないといけないし、それを決定しなければなりません。それを決定しなければなりません。店でもあり物を買うにしても、なぜそれを選ぶのか。基準は何か。

ところがアッという間にカレンダーがめくられ、師走も半ばすぎてしまい、「しまった、そろそろ考えなきゃ」と。それだといいものはできません。

仕事の場合で言えば、上司からオーダーされてから考える、任命されてから考える・・・・、それでは遅すぎるのです。

「年賀状をどうするか」というスタート地点から、失敗が始まっているとも言えます。年賀状だと大げさに聞こえるかもしれません。親しい人にだすものだから、実はどんなカタチであっても、こちらの「元気」が伝われば喜ばれます。

しかし、どうだろうか。会社として、集団として、所属する組織として出す年賀状だとしたら、なぜん真剣にならざるをえないでしょう。いわんや販売促進にもっと直結するようなものだと知らら。宣伝チラシだったら。ダイレクトメールだったら。

となると、やはり商売につなげたい。評判を呼びたい。あらためて言うと、さてどうしようかというそんな時、12月になってから考えるのでは遅いのです。いざとなって慌てて考えても、いいものはできません。

「年賀状をどうしようかな」「チラシをどうしようか」「DMをどうしようか」と言うアプローチそのものが、敗因になることが多いのです。

【登場する”三つ”の要素】

ここに登場する要素は三つあります。年賀状を出す「私」。宛先の「相手」。そして「年賀状」。「私」を店だとすれば、「相手」はお客さん、両者をつなぐ「年賀状」は商品であります。

「相手と私」を一つのカッコの中に入れると、そこには「顧客と企業」「消費者と生産者」「需要と供給」、何でも代入できます。哲学者のハイデッカーさんだったら「存在と世界」なんていうのを入れてしまうかもしれません。

いずれにしろ、どんなに広げてもスタンスは変わらない。何かを提供したい「私」がいて、それを受け取る「相手」がいるのです。双方の間を結ぶのは、商品あるいはサービスであるのです。

だから来年の年賀状を考える心構えと段取りは、新しい企画、新しい商品、新しい事業の開発にも応用できるのです。そして、次の時代を形作るような大きな新産業創造にさえ通じるのです。

「私」と「相手」と「年賀状」。そんな三要素を、頭の中にポン、ポン、ポンと三つ置きながら、聞いて欲しい。

年賀状をいいものにするためには、年賀状を考えてはいけないのです。禅問答のように聞こえるかもしれませんが、カラダで覚えた、痛いほどの実感なのです。あわてて「年賀状」そのものにかかりきりになってはまずいのです。

ふだんから自分をよく知り、相手のこともよく知っていること。それが「年賀状」をつくるコツであるのです。


超・起業思考―会社に縛られずに稼ぎ続ける

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。