【自衛官の天職の見つけ方】性格タイプを判別するための方法

下記は「新装版 あなたの天職がわかる16の性格」から抜粋したものになります。



【性格タイプを判別するには】

性格タイプには四つの特質があります。第一に、どのように他人や社会と接し、どのような状態にあると元気が出てくるのか。

第二に、ごく自然に気づく情報とは、どのようなものか。第三に、ふだんどのようにして、決定をくだしているのか。そして第四に、どのようにものごとを進めるのを好むかです。

どのように他人や社会と接し、どのような状態にあると元気が出てくるか。
(E)外交 ↔︎ 内向(I)

どちらの情報に注意を払っているのか。
(S)五感 ↔︎ 直感(N)

どのように決定をくだすのか。
(T)思考 ↔︎ 情緒(F)

どのようにものごとを進めるか(早めに判断をくだそうとするのか、それとも、できるだけ情報を多く取り入れてから決断をくだそうとするか。) (J)決断 ↔︎ 柔軟(P)

もちろん、誰もがそれぞれの特質をあわせてもっています。それでも、かならず、直線上の真ん中ではなく、あなたの特質はどちらかに寄っているはずです。どちらの手で自然に文字を書けるかという例を挙げたものと同じ感覚です。

どちらの特質が、より心地よく感じられ、あなたにとって本能的なものだろうか。どちらに信頼が置けるだろうか。もちろん、中央からわずかにどちらかに寄っているというだけでもかまわないし、その反対に、それぞれの特質の端のほうに大きく寄っていてもかまわない。

さしあたり、特質で使用されている用語(たとえば、「五感」と「直観」)には、あまりとらわれないほうが良い。ときには、この特質で使われている用語が、自分にしっくりあてはまらないように思える時もあると考えます。

一般に使用される「五感」や「直観」という意味とは、少し意味が異なる場合もあるからです。この四つの特質を組み合わせることで(4×4)、16の性格タイプが決まってきます。その際、それぞれの特質は頭文字をとり、アルファベット1文字で書き表すことにします。

外向は「E」、内向は「I」、五感は「S」、直観は「N」。思考は「T」、情緒は「F」、決断は「J」、柔軟は「P」

お分かりのように、直観の文字は「I」だが、内向の「I」と重複してしまうので、直観だけは二文字目をとって「N」で表記されています。

つまり、外向(E)、直観(N)、思考(T)、柔軟(P)という四つの特質の組み合わせをもつ人の性格タイプは「ENTP」と表記します。


【自衛官歓迎】転職しても経験を活かせる職種の求人!前のページ

【自衛官が再就職に困らない方法】定年前に必要な重要な考え次のページ

関連記事

  1. 天職がわかる16の性格

    【天職を見つける方法】「五感型」か「直感型」か

    天職を見るけるために転職を模索している自衛官に伝える、【天職を見るけ…

  2. 天職がわかる16の性格

    【転職したい自衛官の思考】理想の職業とは何だろうか

    下記は「新装版 あなたの天職がわかる16の性格」から抜粋したものになり…

  3. 天職がわかる16の性格

    【自衛官の天職】性格タイプの歴史

    下記は「新装版 あなたの天職がわかる16の性格」から抜粋したものにな…

  4. 天職がわかる16の性格

    【自衛官の天職の見つけ方】「外向型」か「内向型」か

    天職を考える時に、自分の性格を踏まえて考えることが重要であります。下…

  5. 天職がわかる16の性格

    【自衛官】天職を見つけるには、まず自分自身を知ること

    下記は「新装版 あなたの天職がわかる16の性格」から抜粋したものにな…

  6. 天職がわかる16の性格

    【転職したい自衛官の思考】16タイプ性格診断テスト

    転職活動で重要な一つが自己分析です。自己分析の方法はいくつかありますが…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP