【自衛官が再就職に困らない方法】定年前に必要な重要な考え

自衛隊を定年退職まで勤めても、年金をもらえるまでには10年あるために、生活していくためには再就職が必要であろう。その時に後悔しないためにも「40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

」の言葉を借りて紹介します。

【多くの人が40代で「つまらない人」になっている。】

40代が大きな「分かれ道」を迎えたとき、ほとんどの人は「守り」に入ってしまいます。それまで果敢に挑戦してきた人も、なぜか40代という成熟年齢になったとたん、「つまらない人」になっている人が多いのです。

チャレンジしなかったのは自分の責任に違いありませんが、この10年を勘案すると100%自己責任に帰してしまうのもかわいそうな気がします。なぜなら、「失われた10年」が「失われた20年」になり、特に1997年を境に、日本が成長経済から成熟経済に移行してしまったことに端を発する影響が大きいからです。

ちなみに、国税庁かの2009年、民間給与実態統計調査結果によれば、日本の給与所得者の平均年収は406万円です。1997年の467万円をピークにほぼ右肩下がりに推移していることから、日本経済の成長期は1997年に集結し、その後は成熟期に入ったという見方が妥当であリます。

だいたい平均年収が下がり続けているのですから、消費が拡大するはずがありません。そうした数値からもデフレを実感しますが、この長引く不況の中で、日本企業が大きく変わりました。

正社員の数が減ると反比例してプレイングマネージャーの数は増え、組織はフラットとなり、兼任が増え、評価に対する業績のウィエイトが著しく高まりました。

つまり、中間管理職の数が減っているにも関わらず、業務の量も部下の管理も増え続け、さらに評価は、業績と能力で行うという環境になってしまったのです。

ほとんど冒険することなど最初から許されなていないような状況ですし、守りに入ることを強要しているような仕組みともいえるでしょう。小さくまとまってしまうのも無理もありません。

人間誰しも、組織、業績、そして家庭生活に至るまで「守るべきもの」が多すぎると、ついつい弱気になってしまうことだってあります。

それを見ているまわりの20代、30代、そして50代が、守りを決め込む40代を「つまらない」と評するわけです。

不思議なもので、私達は人から「つまらない人」と評されるのを、最も嫌うのではないでしょうか。できれば「面白い人」でいたいと思いますし、本心では「つまらない人」より「やんちゃな人」「破天荒な人」「キャラが立った人」のほうになりたいはずです。

人間としての魅力も40代の過ごし方で決まります

いままで教えを受けた経営者やお客様、そしてリクルートの諸先輩1万人以上からの話を総合すると、どうやら人間としての魅力も40代の過ごし方で決まるということでした。

この「空白の10年間」は大きな溝であり、それまで順風満帆にいっていた人でも、40代の過ごし方次第でガラリと魅力が半減したり、逆にそれまでの人生の挫折や失敗をすべてチャラにして、敗者復活も可能にしてくれるのが40代という折り返し年齢ということなのです。

20代、30代までは成果を積み上げることを目的とした直線型の生き方だと言えますが、40代はその成果をどう活かすかという、それまでとはまったく違う発想が求められてくるのです。

これは31歳のときの出来事なのですが、私は50代の女性経営者とのところへ営業に行き、あれこれと世間話に花を咲かせていました。ちょうど彼女は同窓会の直後だったらしく、男は50歳になったときが勝負だというのです。

20代、30代の頃の同窓会では、いい大学を出て一流企業に入社したがその会を仕切り、大きな顔をしていたらしのですが、50代になるとあまり出世ができなかったのか、すっかり萎んでしまったそうです。

先が見えて意気消沈してしまったようだと彼女は語っていました。代わりにイキイキとして会を仕切り輝いていたのは、20代、30代のころは「この人大丈夫かしら」と思ってしまうような人だったそうです。

彼らは40代で花を咲かせ、その勢いで楽しい50代を過ごしているのです。多分それは60代にも継続していくに違いありません。

ある意味50代というのは、それまでの蓄積で生きるというか、それまでの総仕上げの時期になります。終わりよければすべてよしではありませんが、尻すぼみの人生だけは避けたいものです。

ビジネス人生を10年ずつ区切るなら、20代は「種まき期」、30代が「育成期」、40代が「収穫期」ということになるでしょう。40代で収穫したもので50代を過ごし、60代でハッピーリタイアというのが人生の双六です。

つまり、収穫期である40代にきちんとした成果を刻むことができないと、それからの人生で精神的、物質的な豊かさを味合うことが難しくなってしまいます。もっと言えば、良い人生を送れたかは、40代の過ごし方に大きく左右されるといっても過言ではないのです。


40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

【自衛官の天職の見つけ方】性格タイプを判別するための方法前のページ

【公務員からの転職のコツ】自分を大きくして乗り越える。次のページ

関連記事

  1. 自衛官からの転職

    【20代・30代の幹部自衛官】転職や退職したい方へのメッセージ

    年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】…

  2. 自衛官からの転職

    【自衛官からの転職】キャリアブランディング転職術

    自衛官というキャリアを民間に転職した時にどう活かすのか、また、転職を…

  3. 自衛官からの転職

    【民間企業に転職した元自衛官の体験談が豊富】気軽に直接相談が可能です。(詳細を見る)

    自衛隊を退職したいとか、民間企業へ転職しようかなと考えた時に、元自…

  4. 自衛官からの転職

    【IT業界へ転職】自衛官からプログラマーやデザイナーへ

    IT業界はへ非常に成長企業も多く、未経験者採用にも積極的…

  5. 自衛官からの転職

    現役自衛官が転職活動する前に知っておくべき民間の話

    現役自衛官の大半は恐らく事業会社で働いたことのない人も多いだろう。し…

  6. 自衛官からの転職

    【注目】幹部自衛官の一度は登録すべき求人サイトと転職先

    転職したい自衛官にぜひチャレンジして欲しい転職先や求人は、「戦略コン…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP