【自衛官からの成功した再就職】「守り」に入ってしまう40代

定年で自衛隊を退職し、再就職する時に、成功した再就職をするためには、40代をどのよう過すかが非常に重要になります。後悔しない40代を過すために、「40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則」からの言葉を紹介する。

わかっていても結局「守り」に入ってしまう

40代は、よほど強い意識を持たないと、いつの間にか守りに入ってしまう時期でもあります。なんと言っても守るべきものが多すぎるので、無理もありません。

その筆頭は家族の生活ですが、そのために家のローンや子供の学費が重くのしかかっています。そうなると、仕事の方でもついつい無難な選択をしがちになって、チャレンジすることに躊躇してしまうのです。

一万人を超える諸先輩に置いて、「40代でこれをしておけばよかったと、後悔していることって何ですか」という質問に対する回答が、

「好きなことを躊躇せず、何でもやっておけばよかった」
「難解なことに、何でもチャレンジしておけばよかった」
「今までの勝ちパターンにとらわれず、もっと自分の感じるままにやればよかった」

というものでした。

会社や家庭でも40代になると、守りに入りがcいhなのはある程度予想できますが、普段積極的に行動しているように見える人でも、チャレンジしなかったことを、やっぱり後悔しているのです。

チャレンジしたい気持ちがある一方で、どうしても失敗を恐れ、無難にやり過ごしてしまうと考えてしまうと、結局後者を選択してしまったという歴然たる現実が垣間見えてしまうのです。

ほとんどの人が、頭ではわかっていても、やはり「守り」に入ってしまったという現実。30代から40代に切り替わる大きな溝は、きっとここにもあります。

40代ともなると仕事の要領も組織の論理も完璧に把握しているので、全力で挑まなくても、要領でかわせてしまうことも少なくありません。

「仕事」と「家庭」のバランスが取れなかった。

日本の高度成長期の中軸だったのが、親の世代、すなわち昭和一桁世代でしたが、彼らは、どちらかというと「家庭」をあまり顧みず、「仕事」に没頭した世代であったと思います。

ただ共通しているのは、彼らの世代も、昭和30年代に生まれた世代も、そして現在30代である世代も、全て40代が働き盛りだということです。

高度成長期であれば、「仕事」に没頭していても、収入が年率十数パーセントでアップしていき、次はカラーテレビ、その次はクーラー、そしてその次はマイカーを買おうという夢が膨らんで、あまり「家庭」を顧みなくても許されたと思います。

しかし、成熟経済に突入した現在では、状況が一変してしまいました。そもそも女性の社会進出が定着化して結果、40代の標準家庭でおの専業主婦はかなり減っています。

共働きも増えていますし、パートや派遣で働く女性も年々増加傾向にあります。共働きであれば、夫が家事を分担しないことには、女性の負担が大きくなりすぎて、家庭生活は回っていきません。


40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

関連記事

  1. 【自衛官が再就職に困らない方法】定年前に必要な重要な考え

  2. 【後悔しない自衛官の再就職】定年時の市場価値は40代で決まる

  3. 鬱病(うつ病)でも働きたい!自衛官の再就職支援

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。