【自衛官からの成功した再就職】「守り」に入ってしまう40代

定年で自衛隊を退職し、再就職する時に、成功した再就職をするためには、40代をどのよう過すかが非常に重要になります。後悔しない40代を過すために、「40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則」からの言葉を紹介する。

わかっていても結局「守り」に入ってしまう

40代は、よほど強い意識を持たないと、いつの間にか守りに入ってしまう時期でもあります。なんと言っても守るべきものが多すぎるので、無理もありません。

その筆頭は家族の生活ですが、そのために家のローンや子供の学費が重くのしかかっています。そうなると、仕事の方でもついつい無難な選択をしがちになって、チャレンジすることに躊躇してしまうのです。

一万人を超える諸先輩に置いて、「40代でこれをしておけばよかったと、後悔していることって何ですか」という質問に対する回答が、

「好きなことを躊躇せず、何でもやっておけばよかった」
「難解なことに、何でもチャレンジしておけばよかった」
「今までの勝ちパターンにとらわれず、もっと自分の感じるままにやればよかった」

というものでした。

会社や家庭でも40代になると、守りに入りがcいhなのはある程度予想できますが、普段積極的に行動しているように見える人でも、チャレンジしなかったことを、やっぱり後悔しているのです。

チャレンジしたい気持ちがある一方で、どうしても失敗を恐れ、無難にやり過ごしてしまうと考えてしまうと、結局後者を選択してしまったという歴然たる現実が垣間見えてしまうのです。

ほとんどの人が、頭ではわかっていても、やはり「守り」に入ってしまったという現実。30代から40代に切り替わる大きな溝は、きっとここにもあります。

40代ともなると仕事の要領も組織の論理も完璧に把握しているので、全力で挑まなくても、要領でかわせてしまうことも少なくありません。

「仕事」と「家庭」のバランスが取れなかった。

日本の高度成長期の中軸だったのが、親の世代、すなわち昭和一桁世代でしたが、彼らは、どちらかというと「家庭」をあまり顧みず、「仕事」に没頭した世代であったと思います。

ただ共通しているのは、彼らの世代も、昭和30年代に生まれた世代も、そして現在30代である世代も、全て40代が働き盛りだということです。

高度成長期であれば、「仕事」に没頭していても、収入が年率十数パーセントでアップしていき、次はカラーテレビ、その次はクーラー、そしてその次はマイカーを買おうという夢が膨らんで、あまり「家庭」を顧みなくても許されたと思います。

しかし、成熟経済に突入した現在では、状況が一変してしまいました。そもそも女性の社会進出が定着化して結果、40代の標準家庭でおの専業主婦はかなり減っています。

共働きも増えていますし、パートや派遣で働く女性も年々増加傾向にあります。共働きであれば、夫が家事を分担しないことには、女性の負担が大きくなりすぎて、家庭生活は回っていきません。


40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

【転職したい自衛官へ】天職を見つけるための3つの要素前のページ

【転職したい自衛官】「あなたの強み」を育てる次のページ

関連記事

  1. 自衛官からの転職

    【後悔しない自衛官の再就職】定年時の市場価値は40代で決まる

    自衛隊を定年退職まで勤めても、年金をもらえるまでには10年あるために…

  2. 自衛官からの転職

    【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツ

    【退職前必読】元自衛官が学んだ転職のコツを「未来をつくるキャリアの授…

  3. 自衛官からの転職

    自衛官からコンサルタントへ異業種転職。コンサルティング業界とは

    自衛官から異業種転職の一つとして、コンサルティング業界へ転職する人も…

  4. 自衛官からの転職

    【自衛官が再就職に困らない方法】定年前に必要な重要な考え

    自衛隊を定年退職まで勤めても、年金をもらえるまでには10年あるために…

  5. 自衛官からの転職

    【20代・30代の幹部自衛官】転職や退職したい方へのメッセージ

    年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】…

  6. 自衛官からの転職

    自衛官から自動車業界の整備士への転職

    寮完備で住み込み可能な求人を掲載中!寮費無料の求人も多数!【お仕…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP