【公務員】自分の未来は自分でデザインする時代へ

国家公務員である自衛官であっても、社会人生活30年近く安定とは言えない時代になっています。安定したキャリアを築くために「未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)」の言葉を紹介して、キャリア設計の大切さを伝える。

「自分の未来は自分でデザインする時代へ

従来は、新卒で入った大企業に残ること以上にいい選択肢が少ない時代でした。しかし、人材市場の発達により、ビジネスパーソンのキャリアのあり方が大きく変わりました。

第一に、自らの意思で好きなことを仕事にできるようになりました。人材市場が発達している現代では、転職する際に魅力的な機会がたくさんあります。力さえあれば、入社した会社から転職することで見事に自身のキャリアビジョンに向けて歩み出すことができました。

しかし、新卒時のキャリアが自分のキャリアビジョンに向けた第一歩となっている方が、より早くゴールに辿り着くことができるのも事実であります。

好きなことで、社会にインパクトを与えながら、恵まれた収入を得るという生き方

現代は、人材市場の発達によってキャリア設計のあり方も大きく変わり、チャンスが溢れる時代であリます。したがって、「好きなことで、社会にインパクトを与えながら、恵まれた収入も得る」若い人が急増している背景には、このような理由があります。

ここで重要なのは、このような生き方は、このような生き方は、一部の人に限られた話ではないということです。人材市場を活用して、上手にキャリアを設計することで、読者の皆さんも十分につかみ取るチャンスがあリます。

現代の人材市場を活用して豊かなキャリアを歩む・・・それを可能にするのが「キャリア」設計であります。「夢を諦めたくないが、家族をはじめとする周囲の人たちのことを考えると、無謀なチャンレンジはできない」というジレンマを抱えている方も多いと思います。

もちろん、いきなりやりたい仕事を始めようとすれば、収入は激減して、失敗も多く、苦労することもあります。しかし、さまざまな選択肢が存在する現代において、「キャリアの階段」を作ることで、安全・着実にゴールに向かって歩むことが可能であります。

一か八かの賭けに出る必要はないのです。未来をつくるリーダーたちは、キャリア設計を描いて実践したことによって、安全・着実に豊かなキャリアを築いてきました。そして、あなた自身も安全・着実に、「好きなことで、社会にインパクトを与えながら、恵まれた収入を得る」という生き方をつかみ取ることができます。

個人と社会を豊かにするキャリア設計のノウハウ

キャリア設計は、人生を豊かなものにするうえで極めて重要なテーマであります。しかし、残念ながら、現在の日本の教育環境ではキャリア設計の方法について学べる機会はほとんどありません。

大学では研究者によって、キャリア意識の変化や企業が取り組むべき人材育成の課題など、マクロ的な視点からのさまざまな研究が行われています。もちろん、これは大変素晴らしいことです。しかし、個々人のキャリア設計について具体的な解決策を得るためには、変化し続ける人材市場での採用ニーズ、応募者の内定の可能性、年収水準の実態などを把握したうえでのアドバイスが必要です。

言わば、実務の最前線で活躍する企業経営者に、大学教授・研究者の「一般化された理論」だけではなく、戦略コンサルタントの提案する「個別具体的な解決策」が必要となったように、キャリアを真剣に考える人にはキャリアコンサルタントの提案する「解決策」が必要なのです。

しかしながら、これまで実務の最前線で活躍するキャリアコンサルタントが記した書籍が少なかったせいか、キャリア設計のノウハウについてはほとんど語られてこなかったという実情があります。

また、少々大げさかもしれませんが、キャリア設計のノウハウは日本を豊かな社会に変えると私は考えています。もちろん、一人ひとりが望む人生を手に入れられるようになるという意味で、とても豊かな社会になるでしょう。

ですが、それだけではありません。自分のビジョンを実現できるだけでなく、多くの場合、収入を高くしていくことも可能となります。これは、その人の生み出す付加価値が高まることを意味しています。

一人ひとりの生み出す付加価値が高まれば、当然、人口が同じでも日本全体の生み出す付加価値を高めることができます。これは少子化で人口が増えない日本を活性化するうえでとても大きな意味を持ちます。


未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)

関連記事

  1. 【自衛官】難関資格を取得すると転職にどのくらい有利

  2. 【自衛官のキャリアデザイン】転職は何歳までにすれば良いのか?

  3. 【自衛官】年収をアップするための壁

転職前に知っておきたいこと

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。