【自衛官】年収をアップするための壁

国家公務員である自衛官であっても、社会人生活30年近く安定とは言えない時代になっています。安定したキャリアを築くために「未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)」の言葉を紹介して、キャリア設計の大切さを伝える。

年収の高低を分けている「年収の壁」というものが世の中には存在しています。年収をあげたいと考えるのであれば、ガムシャラにがんばる前に、まずはこの「壁」の存在を知り、それを越える手立てを考えることが先決であります。

そうしないと、いくら努力しても、それに見合った収入アップは難しいということになります。では、「年収の壁」とは、いったい何であるのか。

「階層の壁」資本家、経営者、従業員

まず、代表的な年収の壁のひとつが「階層の壁」であります。日本企業に勤めているサラリーマンで年収2000万円をもらっている人は全国にどのくらいいるでしょうか。役員ではない一般の社員で年収2000万をもらっている人は、おそらくほとんどいないでしょう。

総合商社や大手金融機関などのごく一部の人ぐらいでしょう。全国で働くサラリーマンの総合人口で割ったら、ほんの一握りの人たちしかいないことがよくわかります。

一方、年収が2000万円以上あるオーナー経営者はどのくらいいるでしょうか。ごく身近なところにある中小企業の経営者や、街の至るところにあるビルのオーナーなども、そのくらいの年収があってもおかしくありません。

超人気企業の役員にまで上りつめるのと、どこにでもある中小企業を経営するのとではどちらか大変か。比較はできないことでしょうが、それでも違和感を覚える方は多いと思います。

会社における階層を大別すると、「資本家」、「経営者」、「従業員」の3つがあります。シンプルに言えば、従業員を雇って会社を運営するのが経営者、その経営者を高い年収で雇って会社全体を運営するのが経営者、その経営者を高い年収で雇って会社全体から大きなリターンを得ているのが資本家という構造です。

年収500万円の従業員を年収5000万の経営者が雇い、その経営者を年収5億円の資本家が雇うなどとも言われます。先ほどのオーナー経営者は、資本家であり経営者でもあるという立場です。

このように整理すると、従業員側でがんばることと、壁を越えて資本家や経営者側で頑張ることは、年収面に置いて決定的に違うということを理解できるかと思います。

目には見えませんが、階層の壁は、厳然とそこに存在しています。従業員側で年収アップを目指す場合は、誰もがうらやむような花形社員でない限り、その中の競争を勝ち抜くことは困難を極めます。

それよりも、階層の壁を越えて資本家や経営者側に移ってしまう方が、ずっと現実的に年収をアップさせることが可能なのである。

「そんなことを言ったって、自分は二世経営者でもないし、ビルも持っていないんだから、どうしようもない」と言う方がいるかもしれませんが、そのような方でも方法はあります。

その代表的な方法のひとつは、自分で起業することです。自己資金でスタートした起業家は、オーナー経営者になります。たくさん生まれた利益から3000万円くらいを自分の年収にしても、誰からも何も言われません。

「外資の壁」外資系企業と日経企業で年収が変わる

2つ目は、「外資の壁」です。外資系の証券会社に勤めている30歳の営業パーソンが、年収4000万円で六本木ヒルズに住んでいる・・・・。一度は耳にしたことがある話かと思いますが、ちょっと考えると、これもおかしいように感じます。

日本の証券会社や銀行に勤めている人は、そんなにもらっていません。活躍している人でも、30歳の営業担当で800万から1000万円台といったところです。外資系企業と日経企業の間に、だいぶ大きい年収差があります。

他の業界に目を向けてみるとどうであるか。コンサルティングファームではどうであるか。外資系戦略コンサルティングファームと日経の大手シンクタンクを比較してみましょう。外資系ファームでは、中核戦力となる30歳くらいのシニアコンサルタントクラスで1200万円程度の年収となります。

一方、日経シンクタンクで同クラスの年収は、700万から800万程度でしょう。この業界にも、外資系と日経の年収に差があるようです。

では、日本が強みを持つと言われる製造業ではどうであるか。外資系の有名な消費財メーカーでは、30歳で年収1000万円を超えているような人も珍しくありません。一方、日本の大手消費財メーカーで年収が1000万円を超えるのは、いったい何歳くらいになるのか。40歳?、45歳?しかも最近では、日本の製造業がリストラを行うことも珍しくありません。

このように、外資系と日系企業の間には、同じ業界でも年収差がかなりあります。その年収差には、付加価値を生んでいる人にどれだけ傾斜して配分するかと言う発想の差やグローバル展開をすることによる高収益化など、さまざまな要因が考えられます。

いずれにせよ、このような傾向があることは、キャリア設計に置いて重要なポイントとなります。

「業界の壁」業界によって年収が変わる

3つ目が、「業界の壁」です。例えば、同じ大手の日系企業でも、製造業より都市銀行の方が給料が高く、総合商社の給料はさらに高いと言う傾向があります。「銀行で融資業務を通じて企業の発展を支援する銀行員と、世界を飛び回ってビジネスをつくる商社の人はどちらも凄い仕事だけと、まったく違う仕事なので年収が違っても当然なのでは?」と思う方もいると思います。

ほとんど同じスキルセットでほとんど同じ業務を行うのに、業界によって年収がだいぶ異なっているということになります。例えば、社内の情報システム担当者と言う仕事に就いた場合、日系の大手金融機関では30歳で年収800万から1000万程度となります。

それが日系の大手メーカーの社内情報

未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)

【自衛官】難関資格を取得すると転職にどのくらい有利前のページ

【公務員】「行政にしかできない業務」とは何か次のページ

関連記事

  1. 賢いキャリア設計

    【自衛官】難関資格を取得すると転職にどのくらい有利

    国家公務員である自衛官であっても、社会人生活30年近く安定とは言えな…

  2. 賢いキャリア設計

    『離職抑止策』が機能している会社の特徴とは
    【詳細を見る】

    「離職抑止力策」が機能している会社の特徴について「採用100年史から…

  3. 仕事がなくなる時代の稼ぐ力

    強みをキャリアへ生かす自分に合う仕事の選び方
    (詳細を見る)

    以下は、「ずらし転職 - ムリなく結果を残せる新天地の探し方 -」か…

  4. 賢いキャリア設計

    【公務員】自分の未来は自分でデザインする時代へ

    国家公務員である自衛官であっても、社会人生活30年近く安定とは言えな…

  5. 賢いキャリア設計

    『50代の人生戦略』定年や早期退職後などを第二の人生を充実させるための方法
    【詳細を見る】

    50代である今でこそやるべきこと、そして定年後や再就職を充実させるた…

  6. 賢いキャリア設計

    【自衛官のキャリアデザイン】転職は何歳までにすれば良いのか?

    自衛官のキャリアデザイン】転職は何歳までにすれば良いのか?自衛官を辞…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP