【注目】『金儲けのレシピ』の著者、事業家botが「金儲けのノウハウ」を惜しみなく紹介

どうすれば収入は増えるのか。東大在学中に起業し、現在年商10億円の企業を経営する事業家bot氏は「お金儲けで重要なのは、儲かっている人を真似することではなく、『その人が誰からどうやってお金をもらっているのか』という視点を持つことだ」という――。


■会社は「儲けさせてくれる社員」しかいらない



コロナ禍で景気が急速に減退する中、大企業においても人員整理、リストラの動きが活発になってきた。電通では、11月に40代以上の社員を対象に、正社員を業務委託契約に切り替える制度が導入された。タニタでも従前より正社員の一部を業務委託に切り替える制度が導入されている。


会社にとって、正規雇用の社員を解雇するのは極めてハードルが高いが、業務委託契約を解除するのは極めて簡単なのである。この制度の目的が「会社に利益をもたらしてくれる=儲けさせてくれる社員しかいらない」という点にあることは明白であろう。


続きはこちら
「これからは個の時代」そう言って会社を辞めた人に待ち構える悲惨な末路【プレジデントオンライン】



金儲けのレシピ



2回起業した経歴の持ち主、ツイッタージャパンの代表取締役・笹本裕氏が「起業に向いた人」を語る前のページ

【その経歴は?!】警察庁次長の中村格氏は次期警察庁長官か?<br>【詳細を見る】次のページ

関連記事

  1. 12.気になる記事

    【異色の経歴】陸上自衛隊、深山正仁2等陸佐。イスラエル、エジプト停戦監視活動。

    防衛省はイスラエルとエジプトの停戦監視など多国籍軍とともに活動する自…

  2. 12.気になる記事

    河野国家公務員制度担当相は「霞が関がブラック化している」と公表

    河野国家公務員制度担当相は「霞が関がブラック化している」として、全省庁…

  3. 「あなた」という商品を高く売る方法

    自分の肩書きを増やす「フラッシュキャリア」とは?(詳細を見る)

    スラッシュキャリアとは、複数の分野に及ぶ自身のスキルや経歴、肩書きを…

  4. 12.気になる記事

    神戸市役所は「副業人材」を登用!出勤せずフルリモート(詳細を見る)

    今年10月、神戸市役所の16階にある広報戦略部のオフィスに異様な光景…

  5. 12.気になる記事

    【真実か?!】公務員の退職勧奨やリストラをする自治体が出てくる!

    世間一般では、リストラや減給のない理想的な職業と思われがちな「公務員…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP