【気になる経歴】福井地方協力本部・本部長 1等海佐 東良子




■福井地方協力本部とは
自衛隊福井地方協力本部(じえいたいふくいちほうきょうりょくほんぶ、Fukui Provincial Cooperation Office)は、福井県福井市春山1丁目1-54(福井春山合同庁舎)に所在する、自衛隊地方協力本部のひとつ。陸・海・空自衛隊共同の機関だが、通常は陸上自衛隊の中部方面総監の指揮監督下にある。管轄する地域における防衛省・自衛隊の総合窓口として福井県管内で活動する。
(引用:WIKIぺディア)


■1等海佐 東良子の経歴
防衛大学校に女子1期生として入学。2013年(平成25年)3月に練習艦「せとゆき」艦長に就任し、大谷三穂と同時に海上自衛隊女性初の練習艦艦長となった[2]。2014年(平成26年)には女性艦長として初めて遠洋練習航海に参加している。2015年(平成27年)1月1日、1等海佐に昇任。2016年(平成28年)3月23日、海上幕僚監部人事教育部人事計画課要員班長。2018年(平成30年)3月6日に第1護衛隊司令に就任し、女性初の護衛隊司令となった。同年3月17日から平成29年度外洋練習航海(飛行)に部隊指揮官として派遣された。同年8月5日からソマリア沖・アデン湾における派遣海賊対処行動水上部隊(第31次)指揮官として派遣された。 2020年(令和2年)3月9日、自衛隊福井地方協力本部長に就任した経歴を持つ。


■1等海佐 東良子に関する記事
47都道府県「おらが村の女偉人伝」石川県・東良子/「いずも」を率いる女性初の艦隊司令官【ライフマネー】

女性初の護衛隊司令着任 東良子1等海佐「職責に集中」





【転職相談】陸上自衛隊 幹部・男性自衛官のケース前のページ

【転職したい自衛官の教養】RBC理論次のページ

関連記事

  1. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】横須賀地方総監 海将 杉本孝幸

    横須賀地方隊(は海上自衛隊の地方隊のひとつ。主要部隊は神…

  2. 自衛隊高級幹部

    【その経歴は?!】第4航空団司令兼松島基地司令 空将補 津田昌隆

    津田昌隆空将補だが、パイロットとしての初任地が平成2年4…

  3. 公務員の高級幹部

    【経歴に迫る!】航空総隊司令官 空将 内倉浩昭(防大31期)

    航空総隊司令官 空将 内倉浩昭の経歴に迫ります。…

  4. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】北部方面総監 陸将 前田 忠男

    ■北部方面隊とは北部方面隊は陸上自衛隊の方面隊の一つで…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP