【後悔しない自衛官の転職】理想と現実のギャップに苦しむ年代

下記は「30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則」からの抜粋です。

30代とは人生初の交代劇が起こる激変期

30代というのは、人生初の交代劇が起こる激変期でもあります。良かれ悪しかれ、これまで生きてきた「勝ちパターン」「経験則」にダイナミックな変化が訪れるのです。

順風満帆な10代、20代を過ごした人が、はじめて自分の限界を知る事態に直面したり、それまで勝ち組と思ってきた人が、意に反して自分より「格下」と思っていた同期にあっさり逆転されるといった、主役の交代劇が起こるのが30代です。

逆に、10代、20代は挫折のほうが多かったり、負け組の一員であることに悶々としていた人が頭角を現し、同期トップに君臨したりというような大逆転も珍しくありません。同期同士でも20代の序列が完全にガラガラポンされて、新たな序列が生まれるのです。

実は、そのような大逆転劇が起こるのは当然の話で、20代は見習い期間であるために、社員に差をつけない企業がほとんどです。

ところが、30代になると確実に業績や成果を刻むことが求められるようになります。そこで、多くの人が理想と現実のギャップに苦しみ、自分の実力というものを思い知らせていくのです。

そこで、多くの人が理想と現実のギャップに苦しみ、自分の実力というものを思い知らされていくのです。ほとんどの人は、それまで自分は「できる」と思っていたのに、この10年でさまざまな壁にぶつかります。

例えば、地頭もよく学歴もスキルも高い人は、これまでのキャリアから高い理想を持つようになりますが、リーダーとして率いるようになったとたん、コミュニケーション能力や人間力という壁にぶつかります。

また、効率よくテキパキと仕事をこなすことができた人とも、ビジネスの表舞台に主役として立ったとたん、新しいアイデアを生み出したり、イノベーションを起こせるような柔軟な発想を持つことの壁にぶつかるものです。

20代の「種まき」によっても大きく変わってきますが、これまで素直だけが取り柄だと軽く見ていた同期に先を越されたり、自分は優秀だと思っていた人が、頑張っても頑張ってもなぜか成果が出せないという現実にぶつかったりします。

20代までは比較的横並びなので、自分の実力を過信してしまうものですが、30代になって表舞台に飛び出した瞬間、実力の差がはっきりと出てしまうのです。

それは、20代までの成果が実は自分の実力の結果でなかったり、競争の激しい表舞台での戦いでなかったことを意味します。シャッフルされて同じ表舞台に立ったとき、「真の実力」が見えてくるのです。

30代は、出世においても、理想と現実の大きなギャップが次第に見えてくる年齢です。上司と良好な人間関係が構築できずに将来に閉ざしてしまうような、現実的な組織の壁も依然として存在しています。

それまでバリバリと仕事をこなし第一線でやってきたと自負している人でも、必ず経験したことのない現実や組織の論理という壁にぶつかるのです。そうした壁にぶつかったとき、壁を乗り越えていく力こそ30代が何より身につけるべき力です。



一気に差が生まれる10年

下積みの20代を終え表舞台に立った30代は、横一線に並んで駆け出すレースが始まります。自分の実力で成果を出していくので、本当の実力を身につけていないと、すぐに差が生まれます。

企業側は35歳前後で人材の選別を始めるので、自分が選抜された人間かどうか、出世レースのどのあたりかということが、30代で判明してしまうのです。中には同期でも、年収に倍近い差をつける企業も出てきます。

その選別からもれてしまった人は、そこではじめて自分の限界を知ることになります。しかし、30代はあくまで土台です。この選別に漏れたからといって、人生そのものがダメになるわけではありません。いくらでもやり直しができるのです。

これまで多くの出世レースを見てきて、選ばれなかった人の対応は真っ二つに分かれました。一つは、イメージ通りにいかなくてなった現実を受け入れることができず、腐ってしまう人。

もう一つは、決してあきらめずに本当の実力を身につけ、現実の壁を乗り越えていった人です。現実と理想のギャップを知り、いったん自分の限界を知ることになるシビアな年代ですが、腐らずに壁を乗り越えていった人に共通していたのは、現実をきちんと受け止めたかどうかということでした。

大切なのは、「選ばれる人間」側にいかにしてなるのかを考えるより、イメージ通りに行かなかった場合、その現実をどう受け止め、どう乗り越えるかに注力することです。

そのように知恵を絞って試行錯誤することが、嘘偽りのない実力をつけることであり、「自分を育てること」なのだと、私は諸先輩から教えられました。それが、30代の「育成期」たる由縁です。

 


30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

 

関連記事

  1. 【転職したい自衛官の思考】30代とはどのような10年なのか

  2. 【自衛官】転職と独立から見える「自分の実力」

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。