【幹部自衛官の思考】登りつめる男の辞書に「遅れる」の文字はない

下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男」から一部を抜粋したものである。

お客様や取引先への提出物やご案内はすぐにとりかかれるのに、報告書や精算書といった車内の提出物は「そのうちやろう」と思いつつ、他の仕事に追われて後回しになり、結局は上司から催促されて提出するといいます。

はっきり申し上げますが、のぼりつめる人は、社内外いずれも、提出物をはじめ、「やるべきことが遅れる」ということは、ほぼありません。

もちろん、私がさまざまなビジネスパーソンの、それぞれの社内提出物について、見聞きしているわけではありませんが、はパフォマーたちは、その人のなかの「しくみ」として、書類関係等の提出物が遅れるような「ルーティン」になっていないと人を見てきて確信しています。

すなわち、「しくみ」ですから、それは提出物の話にとどまりません。返信や確認作業、お礼のメールに到るまで、すべてにおいて「初動が早い」のです。

たとえば、仕事で誰かと面会した後、「お礼のメール」を送るこtは多いでしょう。スケジュールが埋まっている人にとって、そのつどお礼のメールをすることは、いうのは簡単ですが、実際にはそう簡単ではありません。

でものぼりつめる人ほど、お礼のメールが早くて漏れがない。

何週間か何ヶ月かたち、再びその人と連絡をとる機会が訪れてようやく「先日はありがとうございました」とコンタクトをとる人も少なくはないが、この差は何であるだろうかと私は考えてきました。

私が出した結論は、ハイパフォマンスを挙げている人ほど、「どのみちすることであれば、少しでも早く実行した方が価値が高まる」ということを知っているからだ、ということでした。

同じ「やるべきこと」は、「今」やっても、「3日後」にやっても同じ、そんなふうに考えていませんか?じつはそうではなかったのです。

同じやるべきことを、同じ「そのこと」の価値を最大限に高めていたのです。どうせ送るメールを、「今すぐ」送ることで起こる好循環

私自身、営業で初訪問したあとは、あるいはセミナーや講演に参加したあと、なるべく「すぐに」お礼メールを送ることを心がけてきました。

同じ行動でも、起こすタイミングによって相手に与えるインパクトが変わり、価値が大きく変わります。提出物ひとつでも「ギリギリに間に合ったからOK」ではなかったのです。

のぼりつめる人は、「早い」ことの価値を知っているのです。

カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

【転職に必要な自衛官の思考】ひと手間かけて、チャンスの扉を開く前のページ

【自衛官の転職】パーソナルブランディングとは次のページ

関連記事

  1. のぼりつめる男 課長どまりの男

    自分の”存在感”を発揮する賢い方法
    【詳細を見る】

    自分の”存在感”を発揮する賢い方法を「いい仕事をする人は、いい言葉を…

  2. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【転職したい幹部自衛官の思考】のぼりつめる男が面会のアポイントをとるときは?

    下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男」…

  3. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【転職したい自衛官の思考】移動時間の有効活用

    のぼりつめる男は移動時間を有効活用する。それを「カリスマヘッドハンタ…

  4. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【転職したい幹部自衛官の思考】初訪問の営業先に早く着いたら?

    下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男」…

  5. のぼりつめる男 課長どまりの男

    【転職したい自衛官の思考】初めて会う相手、どう情報収集する?

    下記は「カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男」…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP