【対策が必須】少子化高齢化・人口現象の中、公務員数は一気に減少

下記は、「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」からの抜粋です。

2016年、わが国の年間出生数が97万人となり、初めて100万人を割り込んだことが大きなニュースとなりました。これか1949年の年間出生数である269万6638人の約3分の1です。

また、1人の女性が15歳から49歳までに産む子どもの数の平均値である「合計特殊出生率」も2016年に1.44となり、これは1949年の4.32のちょうど3分の1です。

人口を維持するための合計特殊出生率が2.07といわれているので、1.44が維持されるとしても、2世代続けば、子どもの数は半分以下になります。

少子高齢化と人口減少により、行政ニーズの増大と、自治体の財政への悪影響及びそれに起因する職員数の削減というトリプルショックが自治体を襲います。

想像を絶する少子高齢化のスピード

100年後の2115年には、日本の人口は約5000万人になると推計されています。一方、高齢化問題に関しては、「2050年問題」という言葉があります。

団塊の世代が後期高齢者となり、社会保障費が大きく増加すると予想されるのが2025年頃です。2016年の高齢化率は27.3%ですが、2025年には30.0%になり、数年のうちに後期高齢者数が前期高齢者数を追い抜くと予想されています。

その後の2042年には、団塊ジュニア世代が70歳世代となり、高齢者数が3935万人とピークを迎えますが、団塊ジュニア世代の子どもの世代は「第3次ベビーブーム」といわれるような顕著な出生数の増加は見られなかったため、現役世代の負担は極めて重くなるのです。

確実に進む公務員数の減少

地方公務員は、1994年度の328万2492人をピークとして、2017年度には274万2596人まで減少しています。

生駒市でも、2005年度に1004人いた職員数は、退職者と入職者による調整、窓口業務の委託、幼稚園・保育園や給食センターの臨時職員の採用などの取り組みで、2018年度には813人へと約19%減少しました。

職員数の削減に加え、働き方改革の一環として残業削減も進めているので、一人ひとりの職員の負担は増加しています。生駒市では職員採用改革を進めて優秀な職員を確保しているほか、業務効率化を進めていることから、職員数の削減が必ずしも職員のマンパワー低下とつながるわけではありません。

それでも、財政や人材などのリソースが大きく制限される中で、多様化・複雑化・専門化する市民ニーズにどう対応していくかは大きい課題です。

このような少子高齢化と人口減少による自治体への影響は大きく2つあります。一つは、少子高齢化と人口減少による行政課題やニーズの増加・多様化です。

高齢化と人口減少は、高齢者福祉や介護の拡充、高齢化するひきこもり・ニートへの対応、親亡き後の障がい者の問題など、さまざまな課題やニーズを生むため、これからは社会保障関係経費が激増します。

また、人口減少の影響により、行政効率の低下や空き家の増加、地域消費の減少などの複合的な問題も発生します。

一方で、現役世代が減るので、住民税の減少はもちろんのこと、住宅の評価額も下がって固定資産税も減少します。国や県からの財政支援も昔ほど手厚ないので財政が悪化し、人件費を下げるため公務員の数は減少していきます。

したがって、今後は、AIやITを活用した抜本的な業務効率と生産性向上、事業者や市民にもまちづくりに汗を書いてもらう「協創」の取り組み、民間企業などへの業務委託のさらなる推進などが必要となります。

また、コスト削減だけでは限界が見えつつある財政状況の中で、いかに公務員が「稼ぐ」かも考えていかなければならないのです。


10年で激変する! 「公務員の未来」予想図

関連記事

  1. 【公務員】終身雇用や年功序列はまもなく崩壊

  2. 【転職したい公務員へ】AIにより公務員の仕事が消滅する?!

  3. 【公務員】「行政にしかできない業務」とは何か

  4. 公務員は人気のない職業になってしまうのか?!

  5. 公務員を退職しても食べていける専門性

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。