【天職を見つける方法】「五感型」か「直感型」か

天職を見るけるために転職を模索している自衛官に伝える、【天職を見るける方法】を「新装版 あなたの天職がわかる16の性格」を活用して紹介します。

私たちは日々、無数の情報に囲まれて過ごしていrます。だが、無意識のうちん、次のどちらかの方法で自然と情報を集めています。「五感」に頼るか、あるいは「第六感」に頼るか、です。

そしてまた、ものごとの「ありのままの姿、現在の状態」か、ものごとが「これからどうなっていくか」のどちらかに、より大きな注意を払っています。

五感がつうじて情報を集める人は「五感型」だ。「五感型」は、見たもの、聞いたもの、触れたもの、嗅いだもの、味わったものに意識を集中します。現実のかたちあるもの、計測できるものに信頼を置き、五感を駆使して正解に関する正確な情報を集めようとします。

そしてまた、自分の実体験も重視します。現在、この瞬間に起こっている具体的なことに興味をもち、事実を直視します。

いっぽう、五感をつうじた情報よりも、自分のいわゆる「第六感」に信頼を置く人とは「直感型」だ。「直感型」は、ものごとがもつ深い意味や、その関係に注意を払い、たんなる事実よりも、その事実を基盤にした可能性に関心を持ちます。

また、文章に書かれている事実をそのまま受け入れるのではなく、行間を読み取ろうとします。つまり、言外の意味を推しはかろうとするのです。

そのため、「五感型」が自分の五感を尊重する能登は異なり、「直感型」は自分の想像力、ひらめきと行ったものを尊重するし、時には勘や虫の知らせと行ったものも大切にします。

また、「五感型」は現実を直視しようとするし、「直下型」は未来を見通そうとします。「直感型」はまた、いまと同じやり方を続けるのではなく、新しいやり方を考え出し、創造的な工夫をこらした いと思っています。

また現実を見ると、それが意味するもや、その結果がどう成岡を推測しようとします。

「五感型」は事実やデータを大切にします。それも詳細に把握するのを好み、いわば「木を見る」作業を得意とします。これにたいして、「直感型」はそのデータの裏に隠れている意味を解釈し、全体像を把握しようろします。いわば「森を見る」作業を得意とするわけです。そして、問題が起これば、それを解決する新しい方法を模索します。

「五感型」と「直感型」の例

ある日、カレンとスティーヴは、交差点で並んで信号待ちをしていました。すると、目の前で交通事故が起こりました。「五感型」のカレンは、駆けつけた警官にこう報告しました。「シボレーの最新型の青いステーションワゴンが、交差点に近づいてきたのです。

信号は青でした。そこに、古い型の赤いスタングがスピードを上げて走ってきました。時速80kmは出ていたでしょうね。衝撃で、シボレーは二度スピンしてから、反対車線の標識にぶつかりました」

いっぽう、「直感型」のスティーヴはこう説明しました。「僕も衝突現場を見てしました。音も聞こえましたよ。ムスタングが赤信号を突っ切ったような気がするなあ。でも、詳しいことはよく覚えてません。

ムスタングがスピードを出し過ぎていたかどうかもよくわかりません。ただ気づいた時には、事故が起こっていて、早く救急車を呼ばなくちゃ、と思ったのです」と。そして、双方の運転手が保険に入っていればいいがと思い、事故によるけがの具合を心配しました。

このように、同じ状況に遭遇しても、「五感型」と「直感型」では、状況の捉え方が全く異なります。例えば道に迷った時、「五感型」は地図を見るが、「直感型」は地図に頼らず、勘に頼って道を進もうとします。

新しいエアコンを購入した時、「五感型」は地図を見るが、「直感型」は説明書など読まずに、どうにかして操作しようとします。

ハイキングにでかけると、「五感型」は森の香り、風のそよぐ感触、空の色など、五感を駆使して自然を満喫しようろするが、「直感型」は考え事をしながら歩いたり、私いアイデアについて話しつづケタリします。


新装版 あなたの天職がわかる16の性格

関連記事

  1. 【自衛官】天職を見つけるには、まず自分自身を知ること

  2. 【自衛官の天職の見つけ方】性格タイプを判別するための方法

  3. 【転職したい自衛官の思考】理想の職業とは何だろうか

  4. 【転職したい自衛官の思考】16タイプ性格診断テスト

  5. 【自衛官の天職の見つけ方】「外向型」か「内向型」か

  6. 【自衛官の天職】性格タイプの歴史

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。