【公務員】終身雇用や年功序列はまもなく崩壊

今の時代、公務員をやめてもやっていける人材になる覚悟を求められる時代なのです。下記は、「10年で激変する! 「公務員の未来」予想図」からの抜粋を紹介します。

公務員の終身雇用が必ず崩壊する理由

最近は、採用面接で「身分が安定7エルから公務員を目指します」という受験生はいなくなりました。しかし今でも、公務員を志望する主な理由の1つに「安定した身分保障」を挙げる人は少なくありません。

確かに、地方公務員法第27条第2項には「職員は、この法律で定める事由による場合でなければ、その意に反して、降任され、もしくは免職されず(後略)」という身分保障に関する規定があります。

しかし、民間企業が厳しい経済環境、国際競争にさらされる中、公務員だけがいつまでも終身雇用や身分保障に守られるはずがありません。

私は公務員の終身雇用はこの15年くらいを目途に崩壊すると見ていますが、それにはいくつかの理由があります。
第一に、単純にそれだけ多くの公務員を雇用し続けることができない財政状況になることです。人口減少や行政課題の多様化などに伴い、自治体の財政状況は厳しくなります。

その中で、新卒で採用した人材に対して、「40年先ま君たち全員を必ず雇用し続けます」と断言することができません。

第二に、AIやITの普及や外部委託の増加により、職員がやるべき業務が大きく減少することです。窓口業務など定型作業をAIが行うようになれば、適正な職員数が今と大きく変わります。全職員の終身雇用を維持することができないのです。

第三に、今後の急激な社会変化や市民ニーズの多様化・専門化に対応するには、プロジェクトごとに外部から専門家が登用する必要があるからです。

新卒で採用したプロパー職員を40年近く全員雇用し続けるのではなく、課題に応じて職員を一定割合入れ替えていく「流動的」「弾力的」な組織運営が不可欠になります。

年功序列はこうして崩れる

実際に、すでに職員採用に社会人経験枠を設けたり、年齢制限を撤廃するなど、より多様な人材を求める動きはすでに始まっています。

法令で定められた仕事をミスなく遂行するには自治体組織の同質性が大きな武器となっていましたが、地方創生時代に新しい挑戦が求められる今、年齢に関係なく地域に付加価値をもたらすことのできる職員を抜擢したり、中途採用などによる多様な視点を組織に持ち込んだりして、過度な同質性はあえて崩していくことがどうしても必要になるのです。

また、終身雇用制度が崩壊するのですから、年功序列制度はもっと早期に見直されるはずです。これまでの自治体業務は、法令改正や国の新しい方針などに伴い、一定の変化はあったものの、ベテラン職員の経験がものをいう業務の割合がかなり高かったいいえます。

法令の執行業務や国からの依頼を大過なくこなす「減点主義」の業務が多かったからです。しかし、時代は変わり、国が自ら「地方創生」を声高叫ぶ現在、自治体が地域課題を地域のリソースを活用して解決する「加点主義」の業務が確実に増えます。

そうなると、これまで自治体がやってこなかった新しい分野の取り組みをどんどんつくることとなるので、ベテラン職員の知見が役に立たないケースが増えてくるのです。

それどころか、むしろ若い職員の前例にとらわれない感性の方が効果的な取り組みをつくり出せる場合も多く、また、前述のように、専門性の高いプロジェクトの期間だけ外部から公務員として招き、働いてもらうという雇用形態も増えるはずです。

したがって、人柄や高度のマネジメント能力を活かし、若手職員や外部人材の力を効果的に引き出せるベテラン職員は昇格し続けるものの、そうではい場合は、むしろ若手や中堅にしかるべき役職を任せたり、外部人材に相応のポストを用意して召喚することも考えなければ、これからの自治体はやっていけないのです。

逆説的になりますが、公務員は、制度的に安定した地位を保障されているからこそ、それを土台に新しい挑戦をし、現場を飛び出して、地域を活性化していく使命があると考えるべきなのです。

そして、そのように挑戦した職員だけが、将来、終身雇用制度が崩壊した時も組織や地域から求められる人材となるのです。


10年で激変する! 「公務員の未来」予想図

関連記事

  1. 【転職したい公務員へ】AIにより公務員の仕事が消滅する?!

  2. 公務員を退職しても食べていける専門性

  3. 【対策が必須】少子化高齢化・人口現象の中、公務員数は一気に減少

  4. 【公務員】「行政にしかできない業務」とは何か

  5. 公務員は人気のない職業になってしまうのか?!

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。