【元公務員の体験談】公務員からの転職で後悔や失敗しないの成功の秘訣
(詳細を見る)

公務員から民間企業への転職を考える時に、ビジネスの世界でやっていけるかな、人間関係をうまくやっていけるかな、年収が下がるかな、など、不安事項は数え切れないほどあると思います。ちなみ以下が、転職の際に不安に感じるベスト3である。

1.そもそも仕事が見つかるのか
未経過んが応募できる求人が少ない、保有スキルに自信がないなどの理由から、そもそも「本当に転職できる仕事があるのか?」という不安を抱く公務員の方は多いです。一般的にも、未経験者の転職活動は厳しいというイメージは強いので、不安に感じるのも無理はありません。

2.人間関係についていけるか
年齢が高くなればなるほど、面接官や上司をはじめ、職場の同僚のほとんどが自分より年下であることも珍しくありません。年下の上司・同僚に指示をあおぎながら、新人として仕事をすることに「本当にやっていけるだろうか」と不安を覚えるのも当然といえます。

3.労働環境が悪くなるのではないか
転職による「労働環境の悪化」を不安視する人も、少なくありません。この不安の根底には、休日が少ない、振替や有休の制度がまったく機能していない、残業が極端に多いなど、心身を壊しかねないレベルのブラック企業への恐怖があります。

そのような不安がある中、元公務員である私が体験した失敗談を共有することで、少しでも公務員から転職した際に、後悔や失敗を感じない、むしろ成功と言転職にして頂きたいと思います。いかにポイントを記載します。



1.平均年齢が低いベンチャー企業が選ぶな


私は2度ほど、平均年齢が低いベンチャー企業に転職しました。その2度も人間関係がうまくいかず、半ばクビのように退職しました。なぞ、そうなってしまったのか、それは平均年齢の低い会社の特徴として、以下の2点があるからです。

①失敗を許容する風土がない
平均年齢が低い会社はそもそも人を育てようという風土がありません。教育経験も少ないせいか、何かを手取り足取り教えてくれることはないです。教えてくれないどころか、仕事も自分で見つけるしかありません。

自分で仕事を見つけ自分の考えで行動するので失敗も当然します。しかし、一つの失敗が大きな影響を与えます。若気のいたりというのがなく、失敗に対する許容力は非常に低いです。経験値から判断したと伝えても、相手にその経験値がなければ伝わりません。

さらには、サークルの延長のような雰囲気もあり、人間関係に極めて依存した仕事環境になります。仲が良ければうまくやっていけますし、仲が悪ければうまくやっていけません。

②労基法の考えがない
家庭持ちの人はほとんどいないことから仕事中心の生活になります。また、会社としての期間が少ないことから、残業に対する考えも薄いです。したがって、徹夜で勤務と言うことも日常茶飯事です。

さらに、飲み会なども多かったりします。会社の費用で飲めるケースも多いので良いのですが、平気で2次会、3次会まであり、飲み会でも非常に体力を使うのです。

こちらも先ほど述べたようにサークルのような雰囲気があることに繋がります。

2.上司が40歳以上の会社を選べ


転職したての頃はその会社の右も左もわかりません。したがって、失敗しやすい環境の中で勤務することになります。。その失敗を大きく取るのか、小さく取るのかでその後の会社人生を大きく左右します。

特に、3〜6ヶ月間ある試用期間は非常に失敗に対する目はシビアになります。場合によっては、試用期間のまま本採用に進まないということもあります。

先ほども失敗は年齢が高くなればなるほど、許容力が高まります。やはり、自分も数々の失敗をしてきて、今に至っているため、自然と、特に自分よりも低い年齢の者の失敗を許容できるようになります。

逆に年齢が低ければ低いほど、失敗に対する許容力は低く、評価として大きく響いてしまいます。

私の経験上、40歳以上の方であれば、1つや2つの失敗については多めに見てくれます。多めに見てもらえる間に、吸収できることは吸収し、自分を雇用するメリットを提供出来れば良いのです。

今、役職者の低年齢化が進んでいますが、ある程度の歴史のある会社は、年配の上司が多くなっております。そういう会社を探すことを勧めます。

3.急成長の会社を選べ


なぜ、急成長の会社を選ぶのか。急成長の会社は確かに仕事が激務で、離職率が高いかもしれない。しかし、人を強く欲している会社であるので、激務さえ耐えることが出来れば、簡単には人を手放さないのです。

景気が悪く成長していない会社や、成熟しきって、売り上げが頭打ちな会社は、早期退職を募集など、リストラ策を取ったりします。

また、新しいことにチャレンジできるチャンスもあるのです。外から人を採用することも簡単ではないので、社内公募で、バックオフィス系の職種に転換できたり、新規事業に携われたりするのです。私も、社内公募で営業から総務に転換することが出来ました。

また、次々と新しい人が入ってくるので、少し経てば古株になり、居心地はよくなってくると考えます。いろいろな意味でチャンスが広がるのも、急成長している会社の良いところです。

さらに言えば、急成長している会社の中でも上場を目指している会社をお勧めします。上場を目指す会社はコンプライアンス意識も高く、労働基準法などもしっかり守る体制をとります。したがって、サービス残業であったり、過剰な残業時間での勤務ということがなくなります。

したがって、自己の成長でき、ワークライフバランスを保ちながら勤務できます。

このように転職した時には自分は評価が低い、失敗も多いということを踏まえ、いかにクビになることを回避するのか、回避できる会社ほどういうところかをしっかり転職することが最終的な後悔や失敗、むしろ成功する公務員からの転職になります。

ぜひ、一つの参考にしてください。


社長の右腕に立候補

公務員からの転職や退職を妻や家族が反対。嫁ブロックを克服する方法<br>(詳細を見る)前のページ

【有名な元官僚の経歴】元経済産業省キャリアだった宇佐美典也<br>(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 「あなた」という商品を高く売る方法

    転職する人に必要なスキル
    【詳細を見る】

    転職する人に必要なスキルについて「3年後、転職する人、起業する人、会…

  2. 公務員からの転職成功戦略

    【消防官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

    現在、又は元で消防官の経歴をどのように履歴書や職務経歴書に書いたら良…

  3. 公務員からの転職成功戦略

    【公務員からの転職】30代、40代で磨く国には頼れない世界で生き抜く技術

    国さえ頼れない世界で生き抜く技術を紹介し、公務員からの転職の参考にし…

  4. 公務員からの転職成功戦略

    【警察官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

    現在、又は元で警察官の経歴をどのように履歴書や職務経歴書に書いたら良…

  5. 公務員からの転職成功戦略

    #公務員も利用#退職代行業者の選び方
    【詳細を見る】

    最近では退職代行を利用する公務員もいるとのことです。しかし、…

  6. 公務員からの転職成功戦略

    【転職したい公務員】語学力、プレゼンテーションよりも大切なもの

    国際化に向かっているため転職というと、まず語学力と考える公務員は少な…

転職・キャリブランディング支援@笑まち

100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

転職相談事例

激動時代を生き抜くヒント

  1. 11.気になる記事

    神戸市役所は「副業人材」を登用!出勤せずフルリモート(詳細を見る)
  2. 11.気になる記事

    株式会社FromToの角田尭史さんが副業の会社のIT企業役員になるまで
  3. 11.気になる記事

    起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?
  4. 11.気になる記事

    元保険営業マンの堀江陽氏が「スシロー社長」になれた経歴の裏側
  5. 11.気になる記事

    【真実か?!】公務員の退職勧奨やリストラをする自治体が出てくる!
PAGE TOP