【ストレス解消】疲れや倦怠感を防ぐ食べ物

ストレス社会を生きていく中で、ストレスを解消したり、軽減したりしていくことは、非常に大切であります。

なかなかストレス解消が出来なかったり、何か良い食べ物はないかとお探しなら、まずはビタミンB1を取ってみてください。

【脚気の原因はB1】

ビタミンB1の不足ふぇ起こる脚気は、全身の倦怠感や手足が重くなったりむくんだりといった症状になります。手足に症状が出ますが、それはB1が脳と非常に関係があるビタミンであるがゆえに起こることの可能性もあります。

【B1で脳を活発に】

足などの末梢神経をつかさどるのは脳になります。脳を働かせるエネルギー源はブドウ糖質でこれをエネルギー源として利用するのはB1が必要になります。

B1がなければ脳にエネルギーが十分に供給されなくなり末梢神経を働かせることが出来ず足が痺れたり運動能力が低下したりします。

また、脳へのエネルギー不足は精神的な不安定や眠気を作り出します。

【疲労物質の蓄積を防ぐ】

B1が不足してブドウ糖が完全に利用出来なくなると、脳だけではなく体内に乳酸などの疲労物質がたまりやすくなります。これらはだるさや倦怠感などの原因になります。

激しい運動をする人、お酒や甘い物や穀物といいった糖分をよくとる人は、B1をきちんと取らなければ、本人も気づかないうちに今一つ元気のでない「プレ脚気」のような状況になっていることもある可能性があります。

【B1の効能】

1.ストレスを緩和する。
B1は脳へのエネルギーの安定供給と。精神的な安定にも大きく関与。

2.アルツハイマー症に
脳内の神経伝達物質を正常値に保つ働きがあるため、効果があるとの報告もあります。

3.ウェルニッケ脳症の防止
ビタミンB1不足で起こる日本人を含むアジア人の典型的な病気は脚気でs。これが同じB1不足でも、欧米人にはウェルニッケ脳症として現れます。

この病気は眼球の運動麻痺や、言語中枢が侵されのが特徴で、脳障害から死にいたる病となります。また、慢性アルコール中毒症と一生になると、健忘などの症状を併発することもあります。

同じB1不足でこのような違った病気を引き起こすのは、アジアの場合のデンプン中心の食事と、欧米の脂質とタンパク質が中心でしかもアルコール飲酒量がケタ違いに多いなど、さまざまな原因が考えられています。

(引用:ストレス解消!体に効く ビタミン・ミネラル

神戸市役所は「副業人材」を登用!出勤せずフルリモート(詳細を見る)前のページ

【警察官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方次のページ

関連記事

  1. 05.ストレスマネジメンの方法

    ストレスとの上手な付き合い方は?
    【詳細を見る】

    ストレスとの上手な付き合い方について、「本当にわかる心理学」から紹介…

  2. 05.ストレスマネジメンの方法

    【ストレス解消方法】不眠や疲れ目に菊(キク)【詳細を見る】

    菊は普通、野山に咲く野菊から観賞用のものまで含めたキク科の多年草を総…

  3. 05.ストレスマネジメンの方法

    『過労死やうつ病の予防』あなたを守れるのはあなただけ
    【詳細を見る】

    以下は、「職場のしんどいが消える大全」からの一部を紹介しております。…

  4. 05.ストレスマネジメンの方法

    ストレスの3つの根本原因を押さえて不安とイライラを解消【詳細を見る】

    ストレスがなかなか解消されない、減らないと感じることがないでしょうか…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP