【その経歴は?!】第4航空団司令兼松島基地司令 空将補 津田昌隆

津田昌隆空将補だが、パイロットとしての初任地が平成2年4月、築城に所在する第8航空団であったことから、F-1戦闘機のパイロットということになりそうだ。

また平成16年4月には第3航空団飛行群第3飛行隊長を務めていることから、いずれかのタイミングでF-2戦闘機に機種転換をした上で、パイロットとして活躍した経歴を持つということになる。

そして、早期警戒管制機E-767や早期警戒機E-2Cを擁する警戒航空隊司令、航空支援集団司令部防衛部長を歴任し、2018年3月に空将補に昇任。

第1航空団司令兼ねて浜松基地司令に着任し、その名前通り、航空自衛隊発祥の地において、後進の育成を中心とした任務にあたることになった。
(引用:津田昌隆(つだ・まさたか)|第31期・航空自衛隊【日本国自衛隊データベース】

【経歴】

防大31期
1987年 9月 飛行教育集団司令部付
2004年 4月 第3航空団飛行群第3飛行隊長
2013年 4月 警戒航空隊司令
2015年 4月 航空支援集団司令部防衛部長
2018年 3月 第1航空団司令兼浜松基地司令
2019年 4月 航空安全管理隊兼立川分屯基地司令
2020年 8月 現職


【関連記事】

なし

現航空幕僚長が防大30期相当になるため津田空将補は今回に退官される可能性があるだろう。

年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】



まずは7日間無料で試してみる


関連記事

  1. 【なぞの経歴】航空幕僚副長 の空将 阿部睦晴は次期、航空幕僚長?

  2. 【経歴は?!】空将補 德重広為智@第2航空団司令兼千歳基地司令

  3. 【経歴?!】南西航空方面隊司令官 空将  鈴木康彦…

  4. 【どんな経歴?!】防衛装備庁長官官房装備官の空将 尾崎義典

  5. 【その経歴は?!】第3航空団司令兼ねて三沢基地司令の空将補 久保田隆裕…

  6. 【どんな経歴?!】空将補 加治屋秀昭 小松基地司令兼第6航空団司令

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント