「Fukusen」の運営者、細野真悟さんが語る副業で注意すること
(詳細を見る)

リクナビNEXT編集長やリクルートキャリア執行役員を経て、現在はフリーのビジネスデザイナーとして活動する細野真悟さん。自らの挫折経験を踏まえ、新しいビジネスを作ろうとする人の実践型コミュニティ「Fukusen(フクセン)」を運営している。


インタビューの1回目は、サラリーマンの「副業」について。フリーランスとしての独立できる”スキルワーカー”を理想化する風潮に、細野さんは待ったをかける。どんな問題があるのか。聞き手は株式会社グローバルウェイ取締役の根本勇矢。(構成:キャリコネニュース編集部)


フリーランスは意外と「スキル」で戦えない? ――最近「副業解禁」をする会社が増えていますが、具体的に何をしようかと考えると迷います。いままで身につけた専門スキルを活かして、フリーランスとして仕事を取るといっても、責任や負担は小さくないし、会社員との両立は容易ではない。


細野:そもそも「スキルワーカーは安定しているか?」と言われると、実はそんなこともないですよね。スキルって時間が経つと陳腐化しちゃうし、競争原理に思いっきりさらされる。


続きはこちら
「副業解禁時代」のサラリーマンが手を出してはいけないこと:ビジネスデザイナー・細野真悟さんに聞く「小さな事業」の作り方 (1)【キャリコネニュース】


【40代の自衛官】40歳を過ぎでも転職できる。前のページ

【経歴の分析】ビズリーチ代表取締役 多田洋祐氏が就任。次のページ

関連記事

  1. 11.気になる記事

    元保険営業マンの堀江陽氏が「スシロー社長」になれた経歴の裏側

    回転ずし業界で国内店舗数、売り上げともにトップを快走する「スシロー」…

  2. 11.気になる記事

    起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?

    「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。この疑…

  3. 11.気になる記事

    コロナ禍で副業や資格取得を検討する人が急増、副業の希望月収は平均8.4万円

    今の時代、いつ“コロナ不況”の煽りを食らうかわからない。倒産する企業…

  4. 11.気になる記事

    なんと1位は14年連続!「ユーキャンサイト人気講座 年間ランキング」発表

    生涯学習のユーキャンが「ユーキャンサイト 人気講座年間ランキング」を…

  5. 11.気になる記事

    防衛大の等松春夫教授が学内のコロナ不祥事を直訴!防衛相に”告発状”。

    11月7日、防衛大の学生の新型コロナ感染が判明した。全寮制である防衛…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP