「ふるさと創生職員」で「公務員ユーチューバー」の原田翔さん

京都府京丹後市の「ふるさと創生職員」として、1月に採用された原田翔さん(32)が、趣味の動画編集技術を生かし、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、市公式の「田舎暮らし応援チャンネル」の配信を始めた。


市長公室政策企画課に週4日勤務し、空き家対策を切り口に、定住促進などによる地域の活性化に取り組む。府内自治体では初の「公務員ユーチューバー」として自ら出演し、「移住者の視点で、田舎暮らしを希望する人たちに役立つ知識などを紹介したい」と意欲をみせている。【松野和生】


地方での暮らしや仕事を求める人たちの受け皿を作り、Uターン・Iターンの活性化にもつなげようと、市が2020年度に初採用した3年間の任期付き短時間勤務職員。同年12月から計5人が順次着任し、週3、4日間勤務している。勤務日以外は、副業にも取り組める。


続きはこちら
「公務員ユーチューバー」の32歳 移住者視点で田舎暮らし紹介【毎日新聞】


学校の仕事に興味がある人をつなぐプラットフォーム「複業先生」@株式会社LX DESIGN前のページ

コロナ禍で副業や資格取得を検討する人が急増、副業の希望月収は平均8.4万円次のページ

関連記事

  1. 11.気になる記事

    株式会社Libeiro の社長、佐々木雄亮さんの「良好な人間関係を築く」簡単なコツ

    年商60億の若手社長が説く「人間関係を良好にする」簡単なコツ毎…

  2. 11.気になる記事

    転職を成功させたい人が絶対考えるべきこと|転職条件や自分の強みって、どう考えればいいの?

    ふと「転職したい…」と思ったとき、あなたはまず何から始めますか?…

  3. 11.気になる記事

    元保険営業マンの堀江陽氏が「スシロー社長」になれた経歴の裏側

    回転ずし業界で国内店舗数、売り上げともにトップを快走する「スシロー」…

  4. 11.気になる記事

    【異色の経歴】陸上自衛隊、深山正仁2等陸佐。イスラエル、エジプト停戦監視活動。

    防衛省はイスラエルとエジプトの停戦監視など多国籍軍とともに活動する自…

  5. 11.気になる記事

    起業家から優れた事業家に進化するための4つの条件とは?

    「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。この疑…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP